1000万円台で家を建てる為に知っておきたい6つの事

最近はローコスト住宅の人気がとても高まっています。それに伴ってローコスト住宅に力を入れる住宅メーカーも増えてきていますので、今後ますます1000万円台で建てられる家は注目を集めるようになると思います。

とは言っても、注文住宅の建設費の平均相場は土地ありの方で3392万円。土地なしの方で2778万円です。

1000万円台は平均相場から大きく乖離しています。

その為に様々な箇所でコストダウンを図らないと直ぐに予算オーバーする事になってしまいます。

では、どのような箇所に気をつけて家づくりを進めていけば1000万円台でも理想の家を建てる事ができるのか?

そして1000万円台の家を建てる前に知っておきたいローコスト住宅のメリットやデメリットもご紹介していきたいと思います。

1000万円台でも押さえるべきポイントを把握しておけば注文住宅でマイホームが建てられますので、素敵な家づくりのご参考にしてみて下さい。


家たてる

費用を抑えられるんだったら出来るだけ抑えたいな。どういう所を気を付ければいいの?

ナビ子

はい。それではコストカットに繋げる事ができる箇所とコストカットをあまりしない方がいい箇所をご説明していきますね♪


1000万円台で家を建てる為のコストカット

平均相場よりも安くお家を建てるには、出来るだけコストを抑えないといけません。

どういった箇所に気を付ければコストを抑える事が出来るのか、ご紹介していきたいと思います。

家の形状

家の形状は凹凸が多い複雑な形であればあるほどコストが高くなります。

1000万円台で家を建てるなら家の形状は出来るだけシンプルな形が理想的です。真上から見た時に長方形や正方形のデザインだと費用を抑える事ができます。

平屋よりも2階建て

平屋と2階建てで同じ床面積を確保しようとすると、平屋の場合では基礎や屋根の面積が増えてしまいます。そうなると材料費が高くなります。

また平屋の方が広い土地も必要になってきますので2階建ての方が費用を抑える事が出来ます。

では3階建てだとどうなのか?というと、3階まで高くすると今度は1階や2階の柱や梁を太くする必要が出てきたり、安全上の構造計算をしなければならず価格は高くなります。

その為、階数は2階建てが理想的です。

屋根の形状

屋根の形状も、家の形状と同様に複雑であれば高くなります。その為シンプルな片流れ屋根か陸屋根がコストを抑える事ができるので理想的です。

片流れ屋根
(一方の方向に向かって傾斜している屋根)
陸屋根
(水平になっている形状の屋根)

シンプルな間取り

部屋数を増やすとその分、壁やドアが必要になってきますので、部屋数はできるだけ少ない方がコストを抑える事が出来ます。

どうしても部屋数を増やしたいがコストは抑えたい。という場合は可動式の間仕切りなどを使って工夫する事が大切です。

和室も床の間を作ったり、壁に木の柱があったりとコストがかさみます。1番のコストカットは和室を作らない事です。

どうしても欲しい場合は、純和室にするとどうしてもコストがかかるのでフローリングに置き畳で畳の間を作りましょう。

建材や設備のグレード

建材や住宅設備はバリエーションも豊富で選べるのが注文住宅の楽しみの1つでもあるのですが、コスト削減の為には同じメーカーの物で揃えたり、比較的安いシンプルなデザインのものを使用しましょう。

特にキッチンや浴室などは高価な設備は多機能で利便性も高かったりします。しかし多機能でも使いこなせなければ意味がありません。

基本的な機能さえ備わっていれば余計な性能は不要だ!と割り切ってしまう事も大切です。

外壁も大きくコストダウンがはかれるポイントです。

シンプルな形状のお家の場合、外壁もシンプルな方が全体的に見栄えが良くなる事もありますのでこだわりすぎない事が大切です。

水回りをまとめる

キッチンや浴室、トレイや洗面室の水回りは1箇所にまとめた方が配管作業の面や部材の面でもコストを抑える事ができます。

また水回りは1箇所にまとまっていた方が掃除もしやすかったり、家事動線がよくなりますのでローコストでなくても纏めた方が良いと思います。

窓の数を減らしたり、サイズを小さくする事でコストダウンをはかれます。

窓を減らす事で断熱性能があがり冷暖房費の削減にもつながるというメリットもあります。また外から家の中で見えてしまうプライバシーの面や、防犯上でもメリットがあります。

ただし少なすぎても閉鎖感が強まったり、風通しが悪くなったりもするので程ほどに。

外構

1000万円台で家を建てるためには建て物本体以外にもコストダウンがはかれる所は図りましょう。

外構は門扉やフェンスにかかる費用が多くを占めますので、門扉やフェンスを設けないというのも1つの手です。

門扉やフェンスがないと防犯面の心配をする方もいますが、住宅街なら逆にない方が、周りからの視線があるので入り難い気もします。

またオープンな印象を与える為、近隣に親しみを与えるという一面もあります。

良い土地を探す

注文住宅で家を建てる場合には、建てる土地の形状や状態によって金額が大きく変わってきます。

例えば購入した土地の地盤が軟弱な場合、地盤改良(補強)工事が必要になり、土地購入費とは別途お金が必要になります。

そうならない為にも土地探しの段階から住宅メーカーに協力して貰って探すのが理想的です。


以上が費用を抑えて家を建てる為のポイントです。

では、今度は逆にあまりコストカットしない方が良い場所をご紹介したいと思います。

コストカットしない方が良い場所

1000万円台で家を建てる為にはコストカットは必要ですが、せっかく建てたマイホームが生活のしずらい家になったら台無しですよね。

ここでは費用は抑えつつ生活しやすい家を実現する為に、コストカットをしない方が良い場所をご紹介していきたいと思います。

1番長い時間を過ごす場所

恐らく多くの方がリビングになると思います。

家族が1番長い時間を過ごす場所はコストカットをあまり追求しない方が良いです。

1番長くいる空間の満足度が高ければ、家全体の満足度にも関わってきますし、実際生活していく中で「この空間はもっとお金かけておけば良かった…」と後悔に繋がり易くなります。

いつもいる空間のコストを削減する前に、玄関やトイレやベランダなど他に削減できる箇所はあるはずです。

収納スペース

収納も住宅の満足度に大きく関わってきます。収納が少ない家だと何かと不便で生活がしづらくなります。

といって多ければ多い程良いのかというと、そうでもありません。使わない収納スペースはそれこそお金の無駄になってしまいます。

しまう物を図面に書き出したり、サイズを測ったり、具体的に何をどこにしまうのか等、イメージしながら収納スペースを適度に作る事が大切です。

コンセントの数

足りなかったり、コンセントの位置が遠かったり、普段の生活の中で不便に感じる事が多いのがコンセントです。

コスト削減でコンセントの数を減らしてしまうと不便な生活になってしまいます。

実際の生活を想定しながらコンセントの数、そして位置と高さを決めていきましょう。


コストを抑える事ができる箇所は徹底的に抑え、そしてコストを抑えない方が良い箇所はおさえずに家を建てる事で、ローコストでも満足度の高いお家が建てられます。


家たてる

なるほどねー。勉強になったよ!

ナビ子

はいっ♪では続いて1000万円台の家の建築実例とローコスト住宅のメリット・デメリットをご説明しますね。


1000万円台の家(建築実例5選)

実際に1000万円台で建てられた家の建築実例を5件ほど紹介させて頂きます。

どの住宅も1000万円台には見えないほどおしゃれで生活もしやすそうな素敵なお家ばかりです。

本体価格1690万円(60.4万円/坪)

  • 本体価格1690万円の家
延床面積92.60㎡(28.0坪)
敷地面積120.00㎡(36.3坪)
家族構成夫婦
竣工年月2007年11月
工法木造軸組

参照:suumo

本体価格1320万円(40.3万円/坪)

  • 本体価格1320万円の家
延床面積108.47㎡(32.8坪)
敷地面積329.86㎡(99.7坪)
家族構成夫婦+子ども1人
竣工年月
工法2×4、2×6

参照:suumo

本体価格1414万円(48.9万円/坪)

  • 本体価格1414万円の家
延床面積95.63㎡(28.9坪)
敷地面積100.17㎡(30.3坪)
家族構成夫婦+子ども1人
竣工年月2017年11月
工法2×4、2×6

参照:suumo

本体価格1211万円(50.2万円/坪)

  • 本体価格1211万円の家
延床面積79.78㎡(24.1坪)
敷地面積
家族構成
竣工年月
工法木造軸組

参照:suumo

本体価格1537万円(56.3万円/坪)

  • 本体価格1537万円の家
延床面積90.25㎡(27.3坪)
敷地面積138.13㎡(41.7坪)
家族構成夫婦+子ども2人
竣工年月2017年1月
工法木造軸組

参照:suumo


お金をかけるところはかけ、抑える所は抑えて、メリハリをつけてお家を建てればローコストでもこんなに素敵なお家を建てる事ができます。

ただしローコスト住宅には多くのメリットがありますが、反対にデメリットもありますので、どういったデメリットがあるのか建てる前に把握しておきましょう。

ローコスト住宅のデメリット

1000万円台の家を建てる前に、ローコスト住宅にはどのようなデメリットがあるのかをきちんと知っておきましょう。そうすれば建てた後に後悔をするような事は減らす事が出来ます。

設計の自由度に制限がある

ローコスト住宅の多くはセミオーダータイプの規格住宅である事が多いです。

建築材料・資材や間取り、家のデザイン等がある程度決められたパターンの中から好みのものを選択して家を建てて行く事になります。

「ここのデザインはこうしたい」「ここの資材はこれが使いたい」「ここの間取りはこんな感じにしたい」等々、規格外の注文を出すと結果的に費用が高くなってしまう事があるので注意が必要です。

住宅性能が低い事が多い

決して住宅性能が悪いという訳ではありませんが、どうしても高性能住宅と比べると劣ってしまいます。

耐震性に関してはローコストの住宅でも標準仕様で耐震等級3相当に仕上げるメーカーさんが増えてきています。

気密性・断熱性が高性能住宅と比べると劣ってくる場合が多いです。

ローコストなので性能が劣るのは当然と言えば当然の事なのですが、最高級の住宅性能を求めている方には注意が必要です。

保証・アフターサービス面

ローコスト住宅では最低限の保証・アフターサービスである事が多いです。

最低限というのは、構造躯体や雨漏りなどの欠陥については、「必ず10年間の長期保証をつけなければならない」と法律で決まっているのです。

最低限の保証で十分だ!という方は問題ありませんが、充実した保証・アフターサービスを求める方には注意が必要です。

ローコスト住宅のメリット

価格が安い

1000万円台で家を建てる最大のメリットは「安い」という事です。

平均相場と比べても大分安いですが、決してチープという感じではありません。

コストを抑えるべき所は抑え、お金をかける所はかけメリハリをつける事で非常にコスパの良い家を建てる事が出来ます。

住宅にかかる費用を抑える事で住宅ローンの借入れ額も少なくて済みます。

借入れ額が少ないと毎月の返済額も少なくて済みますので、住宅ローンで悩まされる事も軽減できます。

他にも自分の趣味にお金を回す事が出来たり、子どもの為の貯金に回したりと、建築費を安く抑える事ことで得られる副産物的な金銭メリットも多くあります。

品質が安定しており工期も短い

ローコスト住宅ではあらかじめ工場でカットされ規格化された資材を使う事が多いです。現場でサイズに合わせて大工さんが資材を調整する、といった事は殆どありません。

その為、品質が安定しており大工さんの腕に左右されるような事が少ないです。

また資材以外もある程度規格化されていますので短い工期で家を建てる事ができます。

リフォーム・建て替えがしやすい

ローコスト住宅は、ライフスタイルの変化に合わせて住まいを変えていくというスタイルにピッタリです。

例えば、子どもの成長に合わせて間取りを変えてみたり、子どもが独立して夫婦2人だけになったので、思い切って2人で住みやすい家に建て替えたり

家を建てる時に高い金額を払った方は、リフォームや建て替えにも更にお金が必要になるので二の足を踏む方が多いのです。

そうしたリフォームや建て替えはローコストで建てた方の方が気軽に行えます。

1000万円台で家を建てる時の注意点

注文住宅で建てるには本体価格(本体工事費用)の他にも別途工事費用(付帯工事費用)と諸費用が必要になってきます。

本体価格が1900万円位だった場合、家を建てる時にかかるトータル費用は2500万円前後は必要になってきますので注意が必要です。

家を建てる時にかかる費用は大きく分けると3種類

本体工事費用

本体工事費用とは、建て物本体を作るためにかかる工事費用の事です。一般的に総費用の70%~80%が相場となります。

仮設工事や基礎工事、構造づくりや外装・内装。キッチンや浴室、トイレ、電線や水道管などの配線、住宅設備の設置工事などが含まれます。

別途工事費用(付帯工事費用)

建て物以外にかかる工事・設備費用の事です。付帯工事費用とも呼ばれます。一般的に総費用の15%~20%が相場となります。

庭の造成や駐車場、門、塀などの外構工事や、水道管やガス管を敷地内に引き込む工事、エアコンや照明やカーテンなどの購入・取り付け工事などが含まれます。

諸費用

建て物本体や、庭など建て物のまわりの工事費以外にかかる費用の事です。一般的に総費用の5%~10%が相場となります。

家を購入したことで発生する税金や住宅ローン関連の保険料、契約を交わす際の手数料や印紙代、上棟式や引っ越し費用や家具・家電の購入費用が諸費用にあたります。

住宅メーカーの選び方

1000万円台で家を建てるとなると住宅メーカー選びも重要になってきます。

平均相場よりも大きく下がる金額なので、大手ハウスメーカーでは相手にしてくれないところもあります。建ててもらえるメーカーをみつけてもそこがローコスト住宅が得意なのか?実績は多くあるのか?等を見分けるのも大切です。

ローコスト住宅を建てるならローコスト住宅に力を入れている住宅メーカーに依頼をするのが1番です。

経験もノウハウも実績も積んでいますので安心が出来ますし、懐事情も十分に理解してくれますので強引なセールスで高いオプションをすすめてくる事もないです。

予算内で出来るだけ良い家を建てられるように協力してくれます。

自分に1番合う住宅メーカーを見つけるには複数社からカタログを集め、じっくりと比較・検討を行いましょう。

そのメーカーの建築実例やアピールポイントなども分かりやすく載っていますのでカタログを見比べる事で自分の条件や希望に合う住宅メーカーがおのずと見えてきます。

ローコスト住宅のカタログを出しているところであればローコスト住宅に力を入れているという事でもありますので安心してお願い出来ますよ。

ローコスト住宅のカタログはコチラから集める事ができます

まとめ

1000万円台で家を建てる為に知っておきたい5つの事を記載してきましたが如何でしたでしょうか。

ローコスト住宅のデメリットにあげた住宅性能の事や、住宅設備のグレードを上げられない。といった問題ですが、最近では性能や商品の質が底上げされていますので、あまり気にならない程度まで無くなってきています。

設計の自由度に制限があるデメリットも、ローコスト住宅を得意としている住宅メーカーでしたら、決められた範囲内でスペースを最大限有効活用し、施主の希望に近付けられるようなプランニングを作成するのが大変上手です。

そのような住宅メーカーを巡り合えればきっと1000万円台でも理想のお家を建てる事が出来ますので、安心して家づくりを楽しみましょう。

The following two tabs change content below.
管理人
元ハウスメーカー勤務の経験を活かし、注文住宅に関する"分からない事"を解消できるようにこのサイトを作りました。
【おすすめ記事】
注文住宅を検討中の方がカタログ一括請求をした方が良い理由

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます。