安く家を建てる方法と知っておきたい注意点

注文住宅で質は落とさずに出来るだけ安く家を建てる方法をご紹介したいと思います。

また建てる前に知っておきたい、安くする事にこだわりすぎない方が良い箇所や安く家を建てるデメリットなども併せてご紹介していきます。

家たてる

質は落とさずに安く家を建てる方法があれば知りたいな。

ナビ子

はい、お任せ下さい。注文住宅で建てる時にどういった所に気を付けて建てればお家を安く建てられるのか説明していきますね。

目次

家を建てる時にかかる費用

まず初めに、注文住宅で家を建てる時にかかる費用にはどのような物があるのか知っておきましょう。

注文住宅で建てる時に必要な費用は大きく分けて下記の3種類に分ける事が出来ます。

家を建てる時にかかる費用

・本体工事費用

・付帯工事費用(別途工事費用)

・諸費用

本体工事費用

家本体を作るためにかかる費用の事です。一般的に総費用の70%~80%が相場となります。

仮設工事や基礎工事、構造づくりや外装・内装。キッチンや浴室、トイレ、電線や水道管などの配線、住宅設備の設置工事などが含まれます。

付帯工事費用(別途工事費用)

建て物以外にかかる工事・設備費用の事です。一般的に総費用の15%~20%が相場となります。

庭の造成や駐車場、門、塀などの外構工事や水道管やガス管を敷地内に引き込む工事、エアコンや照明やカーテンなどの購入・取り付け工事などが含まれます。

諸費用

建て物本体や、建て物のまわりの工事費以外にかかる費用の事です。一般的に総費用の5%~10%が相場となります。

家を購入したことで発生する税金や住宅ローン関連の保険料、契約を交わす際の手数料や印紙代、上棟式や引っ越し費用や家具・家電の購入費用が諸費用にあたります。

安く家を建てるなら『本体工事費用』をコストカットしよう!

例えばトータル費用が3,000万円かかる場合、本体工事費用は約2,300万円。付帯工事費用は約500万円。諸費用は約200万円程度になります。

家を建てるときにかかる3種類の費用の内、1番お金がかかるのが本体工事費用です。

その為、どれだけ本体工事費用をコストカット出来るのか?が安く家を建てるための重要なポイントとなります。その次に目を付けるのが付帯工事費用です。

諸費用に関しては、税金や各種手数料等があまりコストカットが出来る箇所ではない事や元々の割合が小さい為、諸費用を頑張って削減しても全体で見ると微減です。

まずは本体工事費用を抑える事を考えて、次に付帯工事費用。優先順位で言えば諸費用は最後で問題ないです。

安く家を建てる方法_本体工事費用編

家を安く建てるなら、家を建てる時にかかる3種類の費用(本体工事費用、付帯工事費用、諸費用)を抑える必要があります。

ではまず3種類の費用の中でも割合の1番多い『本体工事費用のコストカット方法』を見ていきましょう。

本体工事費用のコストカット

家本体を建てる時、どのような箇所に気を付ければコストカットに繋げる事が出来るのかを見ていきたいと思います。

1.家の形は出来るだけシンプルに

家の形状は凹凸が多く複雑であればあるほど作業工程も複雑になりますし、壁面積も増えるので費用が高くなります。安く家を建てるなら出来るだけシンプルな形状の家が良いです。

おすすめは真上から見た時に正方形や長方形のボックスタイプの形状になる家です。凹凸がなくシンプルなので作業工程も楽で壁の面積も最小限で済みます。

2.屋根の形もシンプルに

屋根の形状も複雑であればあるほど高くなります。安く家を建てるならシンプルな方流れ屋根か陸屋根がおすすめです。

方流れ屋根とは一方向だけに勾配のある屋根の事で、陸屋根とは傾斜の無い平面状の屋根の事です。

3.間取りもシンプルに

間取りに関してもシンプルにする事で安く建てる事ができます。部屋数を増やさない、費用が嵩む部屋を造らない事がポイントです。

部屋数を増やすとその分、壁やドアを増やす事になります。また各部屋につけるコンセントや照明、窓でも地味にコストは嵩みます。

お子さんが二人いる場合は一部屋ずつ個室を用意するよりも、一部屋にして可動式の間仕切りで分ける方法でもプライベートな空間の確保は可能ですし、その方が安く済ませられます。

注意が必要な間取りは『純和室』です。

純和室は人気ですが床の間や床脇を用意したり、床柱を建てたりと他の部屋に比べて費用が高くなりがちです。どうしても畳の部屋が欲しい時には洋室に置き畳を敷いて、畳の間を作る形でも良いと思います。

4.総2階建てにする

同じ延べ床面積で考えた場合、平屋に比べると2階建ての方が安く建てる事が出来ます。これは基礎部分や屋根の面積が2階建ての方が小さいからです。

土地も広い土地が必要ないので土地購入費用も2階建ての方が抑える事が出来ます。

ちなみに3階建ての場合は構造上の難しさがあり別のコストが生じてくるので安く家を建てるなら2階建てがおすすめです。

5.外装材

外壁材や屋根材は使用をする面積が広いので採用する材によってはコストが大きく変わってきます。

ただし安過ぎても建てた後のメンテナンス費用がかかる事になるので初期費用とランニングコストのバランスを見る事が大切です。

外壁材でおすすめなのはサイディングです。導入コストが安くデザインも豊富にあります。屋根材でおすすめなのはガルバリウム鋼板です。

この2種類はコスパで考えた時に優れていると言えるでしょう。

6.内装材

クロスや床材も使用をする面積が広いので採用する材によってはコストが大きく変わってきます。

クロスは安い商品はシンプルなデザインの物が多いですが、家の形状がシンプルであれば内装もシンプルな方が統一感が出て仕上がりもカッコよくなります。

内壁の仕上げは自然素材の漆喰や珪藻土などの塗り壁は空気清浄効果も期待ができ人気がありますがクロス(壁紙)より費用が高くなるので注意しましょう。

床材は合板フローリング、もしくはクッションフロアもおすすめです。部屋によって使い分けするのも良いと思います。

7.住宅設備

キッチンや浴室は採用をする設備によってコストが大きく変わってきます。

費用が高い設備は多機能である事が多いです。確かに機能が豊富であれば利便性が良いですがいっぱい付いている機能を使いこなせる自信はありますか?

色々な機能が付いていても使いこなせなければ意味がありません。安く建てるためには「基本的な機能さえ備わっていれば他の性能は不要だ!」と割り切って考える事も大切です。

機能はシンプルだが汚れや傷が付きづらい素材で出来ている設備はお掃除の時に楽が出来るのでおすすめです。

8.水回りを一か所に纏める

浴室や洗面所、キッチンやトイレなどの水回りは纏める事で配管作業が楽になるので安く済ませる事ができます。

また、水回りはまとめておいた方が家事動線も良くなり掃除も楽になるのでコスト云々の前におすすめです。

9.窓のタイプやサイズ

設置する窓のタイプやサイズ、数を変更する事でもコストを抑える事ができます。

窓を減らす事で断熱性能は上がりますので冷暖房費の削減にも繋がります。また外から家の中が見えづらくなりプライバシー面も向上するメリットがあります。

ただし少なすぎると閉鎖感が強まったり、昼間でも家の中が暗かったり風通りが悪くなったりとするのでバランスを見ながら決めましょう。

10.収納スペース

収納力は家の満足度を左右する大切な項目なので減らし過ぎてもダメですが、増やし過ぎても無駄にコストが嵩むだけです。家の中の物の量を把握し、どこに何を収納するのかを具体的にイメージしながら収納スペースを決めていきましょう。

収納力は落とさずに安く済ませるコツは大容量のウォークインクローゼットを採用する事です。

小型の収納スペースを複数作るよりも1つ大容量の収納スペースを設ける方がコストを抑える事が出来ます。洗濯物をしまう時にも1箇所に集まっていた方が効率良く家事が出来ます。

11.規格住宅で建てる

注文住宅の建て方は大きく分けると3種類あります。

完全自由設計のフルオーダー住宅か、部分的に自由設計が可能なセミオーダー住宅か、予め決められた仕様から選ぶ規格住宅です。

設計自由度の高さはフルオーダー住宅>セミオーダー住宅>規格住宅となりますが、コスト面では規格住宅>セミオーダー住宅>フルオーダー住宅の順番になります。

規格住宅では、住宅メーカーが予め間取りや設備、外・内観デザイン等を何パターンか用意しています。施主はそのプランの中から自分達家族に合った間取りや、設備やデザインを決めながら進めていきます。

設計自由度は低いですがその分お家を安く建てる事が可能です。工期期間も3種類の中で1番短くて済みます。

ちなみに規格住宅を扱っている住宅メーカーが用意している間取りや設備は、満足度の高い間取りや設備、デザイン等を厳選しているので、一から造るよりも用意された物の中から選ぶ方が失敗が少ないというメリットもあります。

12.ローコストを得意とする住宅メーカーに依頼をする

『餅は餅屋』という諺があるように、安く家を建てるならローコスト住宅を得意としている住宅メーカーに依頼をするのがおすすめです。

以下、ローコストで建てる事を得意とする住宅メーカーの事を便宜上『ローコスト住宅メーカー』と呼ぶ事にします。

ローコスト住宅メーカーはTVCMやネットでの広告費や住宅展示場への出展費、モデルハウスの維持費や人件費、仕入れ費etc…様々な箇所でコストカットを図っており、その経営努力によって安くても質の高い家を建てる事が出来ます。

全く同じようなデザインや住宅性能、設備で大手ハウスメーカーとローコスト住宅メーカーとで家を建てた時に500万円以上の差が出る事も多々あります。

その為、出来るだけ安く家を建てたい。と考えている方はローコスト住宅メーカーに依頼をする事をおすすめします。

安く家を建てる方法_付帯工事費用編

付帯工事費用のコストカット

続いて付帯工事費用でコストカットがし易い箇所を説明していきたいと思いますが、その前に付帯工事費用のだいたいの内訳を説明したいと思います。

項目内容
解体工事土地に古い建物がある場合、それを解体する費用
地盤調査地盤の強度を調査する費用
地盤改良工事軟弱地盤の場合に地盤の強度を高める為の工事
造成工事埋め立て・切土・盛土等をして建て物を建てられる状態にする工事
引き込み工事電気・水道・ガスやネット回線等を敷地内に引き込む工事
敷設工事引き込んだ電気・水道・ガス等を家の内部に入れる工事
外溝工事塀やフェンス、門扉・門柱、アプローチ、駐車場等の設置工事
インテリア工事照明、カーテン、エアコンなどの設置工事

1.土地探しは住宅メーカーに協力をして貰う

土地にかかる費用の中で金額が高くなる可能性があるのが地盤改良工事や造成工事です。土地や地盤の状態によっては+200万円ほど必要になる事もあります。

土地を買った後にプラスの出費がかからないようにするには家づくりのプロである住宅メーカーの方にアドバイスを受けながら土地見学に同行して貰うのが1番です。

造成する必要の無い土地なのか?等、見極めてくれます。またハザードマップや過去の土地調査の結果などから地盤の状態も想定する事ができます。

思わぬ出費を防ぐためにも土地探しは家づくりのプロである住宅メーカーに協力をして貰う事がおすすめです。

注意が必要な事としては、土地探しに協力して貰った住宅メーカーと家を建てる住宅メーカーを分けるのは難しいです。

購入を決めた時が、その会社の持っている分譲地や建築条件付きの土地の場合は分ける事が無理ですし、条件が無い場合でも心情的には断りずらいです。

その為、土地探しと住宅メーカー探しは並行して進める事にしましょう。

2.外構工事を安くすませる

外構工事費用も付帯工事費用の中で大きな割合を占めます。外構工事費用を安く抑える方法がいくつかありますのでご紹介したいと思います。

2-1.デザインや素材にこだわりすぎない

デザインや素材にこだわりすぎると費用は高くなってしまいます。ただしグレードを下げ過ぎると今度は耐久性の問題が発生し、メンテナンス等で追々費用が発生してしまう事になります。

ランニングコストを気にしながら使用をする素材を絞る事がおすすめです。そうする事で他の箇所でも同じ素材を使いまわす事が出来、デザインに統一感を持たせる事も出来ます。

2-2.敢えて塀や門扉を設けない

家の周りを塀でグルっと囲む場合にはかなりの費用がかかります。門扉もポスト+門灯を組み合わせたタイプでは30万円程度必要になってきます。

安くすませる為には塀も門扉も敢えて設けないのも1つの手です。

住宅街であれば塀がない事で、周りからの視線が届き防犯上逆に良くなる事や、近隣にオープンで親しみやすい印象を与える事も出来ます。

もしくは塀ではなくアルミ製のフェンスなどでしたら比較的安く済ませる事が可能です。

2-3.施主支給を利用する

例えばカーポートを施主支給する事で駐車場工事費を抑える事ができます。他にも外灯やポストなど施主支給する事でコストダウンを図れる事もあります。

ただし取り付け料として施工費が追加される事もありますので、購入をする前には必ず工事会社に確認をする事にしましょう。

2-4.専門業者に相見積もりをする

外構工事は家を建てる会社とは別の会社に頼んでも問題ありません。外構専門の業者にお願いをした方が質が良く、なおかつ安く済むパターンもあります。

その為、専門業者に相見積もりを行い比較をする事が大切です。

2-5.DIYで済ませる

DIYが得意な方や好きな方には1番おすすめの方法です。全部する必要もなく、出来る箇所だけをDIYで済ませる事で費用を抑える事が出来ます。

安く家を建てる方法_諸費用編

諸費用のコストカット

諸費用は他2種類の費用と比べると、総費用に対する割合は小さいですが難なくコストカットが出来る箇所は狙っていきましょう。

ちなみに諸費用の内訳は主に家や土地を買う時に必要になってくる税金や事務手数料、地鎮祭・上棟式や引っ越し代などが含まれます。

仲介手数料

土地を購入する際に、(物件価格×3%+6万円)+消費税額を不動産会社に支払う必要があります。仮に物件価格が3,000万円だった場合、仲介手数料は約105万円になります。

これを住宅メーカーに土地探しから協力して貰い、住宅メーカーの所有する分譲地や建築条件付きの土地を購入した場合には仲介手数料が割引されたり、もしくは0円になるケースもあります。

良い土地の目利きにも役に立ってくれるので土地探しは住宅メーカーに協力をして貰うのが良いでしょう。

住宅ローンの事務手数料

事務手数料は金融機関が自由に設定ができるので各社でまったく金額が異なります。借入金額に対して一定の割合がかかる定率型か、借入金額に関わらず一定の金額がかかる定額型かの2パターンに分けられます。

定率型の場合、借入れ額が多ければ事務手数料も高くなるので注意が必要です。例えば借入れ額3000万円で定率2%の場合、事務手数料が60万円も必要になってきますので住宅ローンを借りる時には金利だけではなく事務手数料の事も頭に入れておきましょう。

住宅ローンの保証料

ローンの借入れ時には保証料が必要になってきます。保証料率は0.15%~0.45%の範囲で決められています。よく見るパターンは借入れ額の金利に上乗せするタイプか一括前払いタイプです。

総返済額で考えた時に一括前払いタイプの方が安くなる事が多いです。

ちなみにネット銀行は保証料0円である事も多いですが、代わりに審査が厳しくなったりもします。保証料は無料だが「融資手数料」という名目でお金が必要になるケースもあるので注意しておきましょう。

火災保険料

住宅ローン融資を受ける場合に加入が必須となります。住宅メーカーを決める時同様に損保会社を決める時にも相見積もりを行い比較しましょう。

金額は入る保険のタイプによって異なりますが火災+震災+水害+その他災害など幅広い災害の補償をカバー出来るタイプだと10年で20万円程度かかります。

年払いよりも一括払いの方が保険料を安くする事が出来るので、手持ちに余裕がある時は一括払いを選択しましょう。

地鎮祭・上棟式

地鎮祭・上棟式は必ずやらなければいけないという決まりはありません。施主がやるかやらないかを決める事が出来ます。一昔前はほとんどの方がやっていましたが、最近ではやらない方も増えてきています。

おおよその費用は地鎮祭は5万円。上棟式は20万円前後かかる事が多いです。

ちなみにそれぞれ何の為にやるのか?を簡単に説明致します。

地鎮祭は工事の無事を祈る儀式的な意味合いがあり安全祈願祭と呼ばれることもあります。神主への謝礼が2万円~3万円、お供え物や粗品で2万円~3万円。合計で5万円前後が一般的です。

上棟式は家づくりが棟上げまで終わった時点で行う行事です。棟上げまで完了した事を喜ぶお祝いの儀式と、建ててくれた職人さんに感謝の気持ちを示す意味合いがあります。

上棟式でかかる費用の半分は職人さんへのご祝儀代です。棟梁には2万円~5万円。棟梁以外の大工には5千円~1万円が一般的です。もう半分は宴会用の食べ物、飲み物代。引き出物代etcです。

家たてる

なるほどー。これさえ知っておけば数百万円は安く家を建てる事が出来そうだね。

ナビ子

そうですね。ただしコストカットを追求し過ぎない方が良い箇所もありますので注意が必要ですよ。

安くする事にこだわりすぎない方が良いポイント

安く家を建てる事にこだわりすぎた結果、満足度の低い家が出来たり普段の生活が不便になってしまってはせっかくのマイホームが台無しになってしまいます。

コスト削減を図る事ができる箇所すべてで費用を抑えるのではなく、お金をかけるところにはお金をかけコスパの良いお家づくりを心がけましょう。

この章では安くする事にこだわりすぎない方が良い箇所をご紹介したいと思います。

耐震性や耐火性、耐久性などに関わる部分

家の基礎部分や構造部分は耐震性や耐火性、耐久性に大きく関わる箇所なので無理なコストカットはすすめません。

万が一災害が起きた時に危険が及びますし、基礎や構造が弱ければ修繕費やメンテナンス費用がかかりランニングコストも含めた時にかえって費用がかかる事になる可能性もあります。

気密・断熱性能

気密・断熱性能の低い家では夏は暑く、冬は寒い家になってしまい冷暖房費がかさみます。建てた後の冷暖房費も考えると気密・断熱性能はある程度確保しておいた方が良いです。

また気密・断熱性能が低いと体調を崩しやすくなったりカビの発生リスクが高まったりもします。家の劣化を早める原因にもなりかねないので気をつけましょう。

1番長い時間を過ごす場所

多くの方がリビングになると思いますが、家族揃って長い時間を過ごす空間はあまりコストカットを追求し過ぎない方が良いです。

建てた後になって「この空間はもっとお金をかけておけば良かったな…」と後悔に繋がりやすいですし、1番長く過ごす空間の満足度が低いと家全体の満足度にも関わってきます。

時間を多く過ごす空間のコストカットを行う前に、間取りやトイレやバルコニーetc..他にコストカット出来る箇所があるはずです。

玄関ドア

玄関ドアは家の印象を決める時に重要な部分になります。外壁などでコストカットを図っている時には、上質な玄関ドアを設置するだけで家全体の印象までも上質な雰囲気に見えてきます。

自分の納得する玄関ドアであれば、帰ってくる度に「やっぱり我が家はかっこいいな。おしゃれだな」と思え、満足度も大きく変わってきます。

収納スペース

収納力の低い家は普段からモノが散らかりがちで不便な生活を強いられる事になります。

多すぎてもデッドスペースとなり無駄が発生してしまいますので家全体の物量を把握して、何を何処にしまうのか具体的にイメージしながら自分達に合った収納スペースを適度に作る事が大切です。

玄関横に併設するシューズインクローゼットは靴以外にもベビーカーや三輪車、他にも趣味の道具などもしまえるので満足度の高い収納スペースとして人気です。

コンセントの数

コンセントを減らせばコストカットを図れますが微々たる額で大きな金額にはなりません。削減できる金額より普段の生活での不便の方が上回りますので気をつけましょう。

数もそうですがコンセントは高さも重要です。実際の生活を想定しながら高さや位置を決めていきましょう。

家たてる

ふむふむ。勉強になったよ。

ナビ子

それは良かったです。では最後に安く家を建てる時のデメリットや住宅メーカー探しのおすすめサービスなどを紹介しておきます。

安く家を建てるデメリット

相場価格よりも安く家を建てるにはどうしても制限をしないといけない事も出てきます。それらがデメリットと感じるかどうかは人それぞれです。

これから挙げる項目が「安く家を建てる為であれば許容出来る!」という方はローコスト住宅が向いていると思います。

設計自由度が低い

安く家を建てるには規格住宅が向いています。規格住宅は予め決められたパターンの間取りや外観・設備の中から好みのパターンを選んで進めていきますので設計自由度は低いです。

外観や内装、間取りなどに強いこだわりがある方は注意が必要です。

と言ってもそれぞれ何十パターンも用意している住宅メーカーもあるので、そういった選択肢の多い住宅メーカーであれば好みにピッタリはまるものが用意されていると思います。

住宅性能は劣る

高性能住宅と比較をした場合、住宅性能は劣る事が多いです。ただし、当然ですがローコストであっても建築に関する法律は遵守した家が出来上がりますので安心・安全で無いという事ではありません。

あくまで最高級の住宅性能ではないと言う事です。

住宅設備も劣る

安く家を建てるなら最新の住宅設備の採用は難しいです。新しいモノ好きの方には注意が必要です。

保証・アフターサービスが劣る

ローコスト住宅メーカーの注意点です。大手のハウスメーカーと比較をすると保証内容やアフターサービスの内容が劣っている事が多いです。

ただし保証・アフターサービスの内容は住宅メーカー毎に異なります。ローコストでありながら保証面もわりとしっかりしているメーカーもありますので、契約前には必ず保証・アフターサービスの詳細な内容を確認しましょう。

まとめ

安く家を建てる方法や、安さにこだわりすぎない方が良い箇所、また安く家を建てるために制限をしないといけない事などを記載してきましたが如何だったでしょうか。

出来るだけ価格は抑え、それでいて満足度の高いお家を建てる為にはコストカットが出来る箇所ではコストカットを行い、お金をかける箇所にはお金をかけて家づくりを行う事が大切です。

このようなコスパ重視の家を検討されている方はローコスト住宅メーカーをチェックしてみるのも良いと思います。

ローコストで住宅の提供を行った実績も豊富ですし、安く建てるノウハウも蓄積されています。『安く家を建てる』という一点で見れば大手ハウスメーカーよりも秀でていると思います。

自分の建築予定地で人気のあるローコスト住宅メーカーはライフルホームズで探す事が出来ます。カタログ請求も簡単なので住宅メーカーを探している方にはおすすめのサービスですよ。

安く家を建てる住宅メーカーを比較するのにおすすめ

安く家を建てる住宅メーカーを見つける時は人気テーマの【ローコスト住宅】から探すか、建物価格の【1,000万円台】もしくは【2,000万円~2,500万円未満】から探してみて下さい。

ライフルホームズの詳細を見る

★合わせてよみたい記事

700万円安く建てられる可能性を秘めた相見積もりの事やカタログ請求で得られるメリット等をまとめた記事です。
注文住宅を検討中の方がカタログ一括請求をした方が良い理由

The following two tabs change content below.
管理人
元ハウスメーカー勤務の経験を活かし、注文住宅に関する"分からない事"を解消できるようにこのサイトを作りました。
【おすすめ記事】
注文住宅を検討中の方がカタログ一括請求をした方が良い理由

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます。