UFB DUALの口コミ・評判、デメリット等を調べてみた

2024-04-03

最近になり「UFB DUAL」の検索数がグググっと増え注目度が増しています。注文住宅を建てた方の中でも、UFB DUALを取り付ける方が増えてきています。

そこでこの記事では、注目度が増している「UFB DUAL」についてのリアルな口コミ評判やデメリット、そもそも「UFB DUAL」とは何?といった所から特徴や価格、設置する事で得られるメリットなども含めて記載していきたいと思います。

免責事項&PR告知

※本記事は可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、その内容の正確性や安全性を保証するものではありません。
※当サイトは提携する企業のPR情報も含まれますが、記事内容やランキング等に影響を及ぼすものではありません。

UFB DUALとは

UFB DUALとは、水道の元栓に設置する事で建物内の全ての水道水をウルトラファインバブル水にする事が出来るウルトラファインバブル生成ノズルです。

第三者によって安全性などを検査して認証される「水道機器認証」を日本で初めて取得しています。

ウルトラファインバブルに変えるシャワーヘッドなどが有名かと思いますが、UFB DUALを設置すればシャワーだけでなく洗面台やキッチン、トイレや洗濯機、屋外の水栓もお家で使うすべての水がウルトラファインバブル水になります。

ウルトラファインバブルとは

ウルトラファインバブルとは直径1㎛(マイクロメートル)未満の気泡の事で、髪の毛の1000分の1程度の大きさしかありません。小さすぎて肉眼では見えません。

”ナノバブル”という言葉も聞いた事あると思いますが、ナノバブルもウルトラファインバブルと定義は同じで直径1㎛未満の気泡の事を呼びます。

定義が同じなのになぜ呼び方が異なるのかと言えば「ウルトラファインバブル」という呼び名はファインバブル産業会が商標登録をしている為、所属していないメーカーなどは使用できないので2種類の呼び名が存在しています。

「ウルトラファインバブル」=「ナノバブル」という認識で問題ありません。

ウルトラファインバブルの主な効果

◦高い洗浄力

ウルトラファインバブルの大きさは毛穴の300分の1程度の大きさです。気泡がとても小さいので毛穴の奥まで入り込み洗浄力がUPします。

頭皮環境を整える事で髪のコシやボリューム改善にも期待が出来て、匂いなども抑えてくれます。

歯磨きやうがいで口腔ケアにも有効です。洗濯にも効果的です。

◦保湿・保温効果

小さい気泡が毛穴の奥まで浸透する事が保湿効果が期待出来ます。お肌をしっとりと保湿してくれるので美肌効果にも期待が持てます。

また、毛穴の奥まで浸透する事で体にほどよい刺激を与え血流改善・保温効果があり湯冷めを防いでくれます。

◦家事が楽に

高い洗浄力によってキッチンやお風呂の汚れを落としやすく、キッチンのぬめりやお風呂の黒カビ予防にも効果が期待出来ます。

トイレの臭いも抑えてくれて家事の負担を和らげます。

◦鮮度を保つ・発育促進作用

ウルトラファインバブル水で野菜など食品を洗う事で酸化を抑制し、鮮度を保ちます。

また、通常の水道水よりも酸素を多く取り込む事や土壌への浸透率が高く、吸水率も高まるため作物の発育促進にも効果が期待出来ます。


ウルトラファインバブルの効果として高い洗浄力や保温・保湿効果はよく知られている事ですが、発育促進作用も期待出来るのは家庭菜園など家で植物を育てている方には嬉しいポイントですね。

実際に農家さんでUFB DUALを採用したり、枯れていたサボテンが復活したなんて報告も見られます。

https://twitter.com/yuuki1173surf/status/1754047553136697767
枯れているサボテン
ウルトラファインバブル水を与えた3週間後
葉がピーンと元気に回復
出典:三誠株式会社

UFB DUALの口コミ評判をチェック

UFB DUALのリアルな口コミ評判・体験談をチェックしていきたいと思います。

@yellowtail7052さんによる投稿

@patiyou1さんによる投稿

@dCsnBAaA2vgpkGBさんによる投稿

@53yama53taroさんによる投稿

@closomat63さんによる投稿

UFB DUALの口コミ評判・体験談を見ると、実際に使ってみてその効果に喜んでいる声が多い印象です。圧倒的に満足度の高い商品だと思います。

ただ使用感での不満は1つも見られなかったのですが、価格面を気にされる方はいました。

それと「使ってみたい!」「導入したい!」という投稿がかなり多かったです。多くの方から注目されている商品というのは間違いないです。

UFB DUALの口コミ評判を当サイトでも募集しています。良い口コミでも悪い口コミでドシドシ募集中なのでご家庭に取り付けた!という方はコメントくれると嬉しいです。

UFB DUALのデメリット

UFB DUALのデメリットは初期費用がかかる事です。設置した後のデメリットは特にありません。

ウルトラファインバブルのシャワーヘッドでは水圧・水量が下がるというデメリットがありますが、UFB DUALは水圧・水量が落ちない特殊構造になっているのでそうした心配もありません。

設置後のデメリットが特に無いので、納得できる初期費用かどうかが設置するかしないかの判断基準になります。

1点だけ注意点

築年数が長い住宅に設置する場合、排水管の中の蓄積した汚れが剥離して排水管が詰まる可能性があるので、設置前に排水管洗浄をした方が安心です。

UFB DUALにかかる初期費用

一般的に住宅に使用される水道管の口径は13mm、20mm、25mmです。口径のサイズに合わせてUFB DUALには3種類の商品が用意されています。

口径のサイズが大きい方が価格は高くなります。

また、取付工事の費用もかかります。取付は水道局指定の指定給水装置工事事業者であればどこでも問題ありません。地域により価格は変わり目安として地方は2~4万円、都心部は4~8万円程度です。

商品名対応口径希望小売価格取付費用
UFB DUAL 13A
UFB DUAL 13A
13mm319,000円
(税込350,900円)
地方:2~4万円
都心部:4~8万円
UFB DUAL 20A
UFB DUAL 20A
20mm498,000円
(税込547,800円)
地方:2~4万円
都心部:4~8万円
UFB DUAL 25A
UFB DUAL 25A
25mm750,000円
(税込825,000円)
地方:2~4万円
都心部:4~8万円

戸建ての場合、昔は13mmの口径が一般的でしたが最近は20mmで建てる事も増えてきました。ちなみに、口径のサイズの違いにより一度に流す事の出来る水の量が異なります。また口径のサイズによって水栓の数の目安もあります。

口径13mmの場合…水栓の数1~6個
口径20mmの場合…水栓の数7~13個
口径25mmの場合…水栓の数14~17個

一般的な戸建住宅の場合は口径13mm対応の「UFB DUAL 13A」か20mm対応の「UFB DUAL 20A」を使用する事が多いです。

UFB DUALにかかる初期費用

希望小売価格+取付費用
・口径13mmの場合…約40万円(税込)
・口径20mmの場合…約60万円(税込)
・口径25mmの場合…約87万円(税込)
※価格はメーカー希望価格なので実際にかかる初期費用はもう少し安くなる事が多いです。(具体額は販売代理店により異なる)

Xに投稿されていた価格を参考にすると、口径20mmの場合でも31万円だったようです。

時期によっても販売価格は異なるので詳細はメールで問い合わせするのが確実です。

UFB DUALは怪しい?胡散臭い?

「UFB DUAL 怪しい」、「UFB DUAL 胡散臭い」というキーワードでの検索もありますので説明しておきます。

実はウルトラファインバブルは日本初の先端技術で経済産業省が利用を後押ししている事や、ウルトラファインバブルにするシャワーヘッドが人気商品になったりした事で認知度が上がり、その一連の流れで「UFB DUAL」も知名度が上ってきた商品です。

今般、日本が提案した「ファインバブル応用技術の持続可能な開発目標(SDGs)への貢献評価」を示したガイドラインが、国際標準化機構(ISO)において承認され、TR文書(技術報告書)※として発行されました。

SDGsへの投資(ESG投資)が拡大する中、本文書に基づき、ファインバブル応用技術がSDGs達成に資する技術であることを示すことで、ファインバブル応用技術への投資が促進され、ひいてはファインバブル産業の更なる発展が期待されます。

経済産業省

日本初の産業技術である事。水だけの力であらゆる産業分野の技術革新に応用できる事。SDGsとの相性も良い事などあり、経済産業省がファインバブル応用技術を推進している訳です。

知名度が上ってきた事でネガティブなキーワードでの検索が増えるのはある意味当然なのですが、UFB DUALは決して怪しい商品でも胡散臭い技術でもないので安心して下さい。

UFB DUALの特許や認証

ウルトラファインバブル水生成時の弱点であった水量・水圧が弱まる問題を克服した構造の特許を取得しています。

冒頭にも少し説明した、水道機器認証(JETマーク)を取得しています。

怪しいサイトには注意が必要

正規品の「UFB DUAL」は怪しくありませんが、認知度が上った事を利用して悪質な販売業者が出てきているようです。

詐欺業者の特徴は、UFB DUALの販売価格は代理店により異なりますが、メーカー希望価格よりも大幅に安い価格で販売していたり、会社名でググってもまともな情報が出てこなかったり、決済方法が前払いの銀個振込のみだったりします。

UFB DUALの購入は必ず正規の販売代理店にお願いするようにしましょう。

もちろん、このページで紹介している株式会社AnesetはUFB DUALの正規販売パートナーです。

会社名株式会社Anest
代表取締役園田 裕之
本社所在地大阪市西区新町1-2-13
設立2014年12月
資本金2000万円
従業員数27名
主な事業住宅設備の販売施工
ハウスクリーニング
リフォーム
建築技術者派遣事業など

UFB DUALのメリット

UFB DUALを設置するメリットをご紹介致します。

家庭内すべての水がウルトラファインバブル水に

UFB DUALは水道の元栓に設置する事で家庭内全ての水がウルトラファインバブル水になります。

外気を取り込まない特殊構造で清潔

水道の元栓に設置するUFB DUALは水道水の中にもともと含まれている空気を利用してウルトラファインバブルを創り出す構造なので外気を取り込まず、雑菌やウイルスが混入する心配がありません。

個人宅への導入も人気ですが、外気を取り込まず清潔にバブルを作るという特徴から衛生管理が求められる病院・歯科医院・美容室などでもUFB DUALの導入が増えてきています。

排水管の中もキレイを保つ

長期間使用した排水管の内部はバイオフィルム(微生物が形成する生物膜によるぬめり)や、スケール(水垢)や尿石(尿に含まれる成分が固まったもの)などがこびりついて不衛生な状態になってしまいます。

UFB DUALを設置すれば、洗浄力の高いウルトラファインバブル水となるので排水管の中の汚れを防いでくれます。掃除する事の少ない排水管の中をずっとキレイに保ってくれるのは嬉しいポイントです。

ランニングコストが0円・取付も簡単

水道水に含まれる空気と水圧でウルトラファインバブルを生成する事が出来るUFB DUALは、電力で稼働する外部動力などを必要としません。そのためランニングコストがかかりません。

またカートリッジ等の消耗品なども使用していないので部品の交換費用なども不要です。

取付工事も簡単で約2~3時間程度の工事で済みます。
(水道メーターがコンクリートで覆われている場合はもう少し時間がかかる。)

水道・光熱費の削減にも役立つ

UFB DUALは設置後の水量は変わらないので、全ての蛇口で今まで通り使用できます。同じ水量でも高い洗浄力があるので、使用する水の量を減らして節水する事も可能です。

また、給湯器などは内部に汚れが蓄積して効率が低下し光熱費に影響する事がありますが、ウルトラファインバブル水であれば使うたびに洗浄してくれるので効率低下を防いでくれます。

UFB DUALのよくある疑問

UFB DUALの導入の際によくある疑問・質問をQ&A形式でご紹介致します。

Q.ウルトラファインバブル水は飲めますか?

A.もちろんです。飲用適水テストもクリアしているので安心して飲めます。

Q.保証とかはありますか?

A.10年間の製品保証が付いています。
耐用年数10年以上に耐えられる強固な構造体となっているので故障等の心配は少ないですが、万が一の保証が付いているので安心です。

Q.浄水器との併用はできますか?

A.併用可能です。
浄水器により除去された塩素のない無防備な給⽔管も清潔に保ちます。

Q.ヘアカラーや毛染めが落ちたりはしませんか?

A.問題ありません。
ヘアカラー・毛染めはウルトラファインバブルの影響の無い髪のキューティクル内部に色素を定着させる方法です。

Q.洗濯物がより綺麗になりますか?

A.高い洗浄力で汚れが落ちやすくなります。
シミや黄ばみなど特に気になる汚れには洗剤を揉みこみ2~3時間漬け置きするとより効果的です。

Q.熱帯魚などの飼育にも問題ないですか?

A.問題ありません。
水槽を綺麗に保てる事や発育促進作用で養殖の現場でもUFB DUALは使用されています。

Q.利用できる助成金はありますか?

A.医療機関を対象とした「新型コロナウイルス感染症感染拡大防止継続支援補助金」の対象とはなり得るが、個人住宅向けの助成金は無し。

Q.マンションや賃貸でも取付可能ですか?

A.設置可能です。
持ちマンションの場合、水道メーターは各家庭に分岐した水道管の先にあるので部屋の所有者が工事・修繕しても問題ないエリアです。

賃貸の場合も設置は可能ですが、建物はオーナーの持ち物となるので事前にオーナーへの相談が必要です。

まとめ

UFB DUALの製品の特徴や口コミ評判、デメリット&メリットなどをご紹介してきましたが如何だったでしょうか。

初期費用がUFB DUAL 13Aで30万円~35万円位かかりますが、例えば今後30年間使用するとすれば年間辺りの費用は1万~1.1万円位です。

UFB DUALはメンテナンスフリーで消耗品も外部電力も使わないので設置後の手間がかからずランニングコストもかからないので、設置するのであれば出来るだけ早めの導入がお得です。

1年後、2年後には値上がりして今よりも数万円高くなっている可能性がありますからね。

UFB DUALは特にこんな方におすすめ

◦お肌・頭髪環境を整えたい方
◦ゆっくり浸かり疲労回復したい方
◦湯冷めしやすい方
◦歯周病やのど風邪予防に気を遣う方
◦水回りを楽にキレイ・清潔に保ちたい方
◦洗濯物の臭いや汚れ落ちが気になる方
◦節水効果もほしい方

UFB DUALは室外で使用する水もウルトラファインバブル水にするので、例えば洗車の際にも汚れを落としやすく、また汚れが付きにくくもなります。

生活の大元となる”水”を変えるので大きな効果が期待出来る商品です。

UFB DUALに興味のある方は公式サイトをぜひチェックしてみて下さい。

この記事を書いた人
管理人
管理人

資格:宅地建物取引士(東京都宅地建物取引業協会認定)
経歴:不動産・住宅業界約10年
元ハウスメーカー勤務。現在は家づくり関連の情報サイトを複数手掛けるWEBディレクター
不動産・住宅業界10年以上の経験を活かし、注文住宅に関する"分からない事"を解消できるようにこのサイトを作成しました。

その他

Posted by 管理人