家の資料請求したら起きる事と対処法

ネットで住宅カタログを一括で請求できるサービスがありますが、実際に利用をすると一体どうなるのか?その辺が曖昧なままだと安心して使う事ができないですよね。

この記事では、家の資料請求をしたら起こりうる事と、その対処法を分かりやすく書いていきたいと思います。

注文住宅を検討中で、住宅メーカー探しを行っている方におすすめの一括請求サービスもご紹介しますので、宜しければご覧下さい。


家たてる

一括で住宅カタログを集める事が出来るのは便利とは思うけど、後が怖いんだよねー。何かありそうで…

ナビ子

なるほど。それで使うのを躊躇していたのですね。

家たてる

”無料”って言うのも怪しいし、利用した後に営業電話がバンバン鳴ったりしないかも心配してるんだ。

ナビ子

分かりました。その辺りの心配毎が解消できるように『家の資料請求をしたらどうなるのか?』を説明していきますね。

家たてる

はい。宜しくおねがいします。

家の資料請求したら営業電話がかかってくる?

端的にお答えすると「電話がかかってくる場合もあります」

家の資料請求サービスを利用する時は、名前・メールアドレス・電話番号を入力する欄があります。その情報は選択をされた住宅メーカー側に渡されますので、各住宅メーカーの判断で電話連絡がある場合もあれば、メールの場合もあります。

営業電話がかかってこないようにする事はできる?

「はい。可能です。

凄く簡単な方法です。電話での連絡が苦手な方は下記のようにすれば問題ありません。

住宅カタログの一括請求サービスでおすすめなのはライフルホームズとタウンライフですが、その2つのサービス両方で有効な方法を紹介します。

ライフルホームズの場合

お問合せ内容と書かれた自由記入欄がありますので、そこに『電話での連絡はNG』である事を明記しておきましょう。

タウンライフの場合

希望や要望を書き込める自由記入欄がありますので、そこに『電話での連絡はNG』である事を明記しておきましょう。

自由記入欄に『電話連絡NG』を明記する

ライフルホームズ、タウンライフ共に同じ方法です。

連絡はメールでお願いします。」とか「仕事で忙しく電話に出られない事が多いので、連絡はメールで下さい」とか、記入をしておけばOKです。

電話で話すのは苦手では無いけど、営業は苦手。という方は「資料づくりに必要な情報は電話でお話できますが、営業は控えて下さい。」とか、住宅メーカー側への対応の要望も自由記入欄に記載をしましょう。

初回のメール連絡には返信をしましょう。

自由記入欄に『電話連絡NG』を明記しておけば、メールで連絡がきます。始めのメールはどの住宅メーカーでも「資料請求ありがとうございます。」その後に自社のPRがあって、よろしくお願いします。的な文面です。

このファーストメールをシカトしていると、営業マンから「メールって届いていますか?」という電話がくる可能性があります。

その為、初回のメールには返信を忘れずに行いましょう。文面は各社同じでOKです。なので1つ返信文を用意しておけば使いまわしでOKです。

例えば、

「ご連絡有難う御座います。○○です。資料を拝見させて頂きます。不明点や疑問点があればこちらから連絡をさせて頂きたいと思いますので、何卒よろしくお願いします。」

とか、こういう感じで問題ありません。

…と、電話連絡をシャットアウトする方法を書いてきましたが、営業経験もある私から言わせてもらうと、電話でお客様のニーズをより詳細に具体的に知れた方が、より良い提案が出来る。という事はあります。

お客様の希望・要望をヒアリングして、ピッタリのものを提案したい!と思っている営業マンが殆どなので、時間のある時やお休みの日に、気になった住宅メーカーの担当へ電話で希望・要望を直接伝えるのは施主側にもメリットがありますので、アリですよ。

アポ無し訪問ってあるの?

契約の話をすすめている最中のお客様や、住宅展示場経由で繋がったお客様の家へアポ無しで訪問をする事はあります。と言っても、最近はほとんど無いですが0ではないです。

ネットでの一括資料請求で、いきなりその方の家へアポ無し訪問は今の時代ではまずあり得ません。

嘘か本当かは分かりませんが20年前位ですかね、資料請求が来たらカタログを持って直接訪問する会社もある。と聞いた事がありますが、今もそんな事をしている会社があるとは思えないですね。

ライフルホームズやタウンライフ経由で資料請求をして、アポなし訪問なんて事はあり得ないので安心して下さい。

本当に無料?どうして無料でできるの?

ライフルホームズもタウンライフも本当に無料で利用できます。後になって費用を請求される事も、住宅メーカーと契約に繋がった後に仲介手数料、なんて事も一切ありません。

こういった資料一括サービスは登録してある住宅メーカーに広告費を貰っています。その為、ユーザーは無料で利用する事ができるのです。

個人情報の取り扱いは大丈夫?

ライフルホームズ、タウンライフ共に個人情報の取り扱いに関しては信用して良いレベルにあります。承諾無しで第三者に情報が提供されるような事はありません。漏えいの心配も少ないです。

ライフルホームズ

ライフルホームズは、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO/IEC 27001」および国内規格「JIS Q 27001」の認証を取得しています。

タウンライフ

タウンライフはCPI SSLサーバー証明書を取得し、プライバシーマークの付与認定も受けています。

家の資料請求したら何日で届くの?

一括の資料請求を行えば、各社からカタログや資料が郵送で送られてきます。

会社により差はありますが、だいたい2日後~10日の間くらいに各社の資料・カタログが続々と届きます。

家の資料請求したら起こる事のまとめ

家の資料請求をした後に起こる事は、資料が家に届くくらいです。(笑)

営業電話が苦手な方は、対処法もありますので安心してご利用頂けます。メールでの連絡は複数社からきますのでスマホで受信するのが面倒な方はPCのメールアドレスを登録するのをおすすめします。

ライフルホームズとタウンライフのサービスの違いは下図をご覧ください。

ライフルホームズタウンライフ
手軽さ
掲載数
特典
間取りプラン
見積もり書
土地探し
備考気軽に住宅カタログのみを集めたい方向きカタログ+間取りプランと資金計画書も欲しい方向き

ライフルホームズの良い点は、予算や人気テーマ別から気軽に住宅カタログを集める事が出来る点です。それと手軽さは住宅カタログの一括請求サービスの中でも1番です。

建設予定地、名前、住所、メールアドレス、電話番号、建築予定時期、土地の有無の7項目を答えるだけで複数の会社からカタログを集める事が出来ます。

タウンライフの良い点は、住宅カタログのみならず間取りプランと資金計画書も一緒に貰える点です。

ただし、ご自身の希望とする家づくりの詳細を自由記入欄に書かないと間取りプラン等が貰えない可能性もありますので注意が必要です。

参考記入例をいくつか記載しておきますのでご覧下さい。

タウンライフで間取りプランを貰う時の参考記入例

岡山県在住(20代男性)高知県在住(50代女性)広島県在住(50代女性)大阪府在住(20代女性)静岡県在住(50代女性)埼玉県在住(30代男性)
自宅訪問はご遠慮ください。(あった場合は候補対象より外させていただきます)
電話番号はSMS専用となっております。
資料はメールにてお願い致します。

住宅探しは初心者です。
平屋と選択しましたが、2階建も希望です。
住宅並びに土地を探しています。
また、注文住宅、中古物件等も条件に合えば全然OKです。(程度によっては、リノベーション等で対応)

仕事の関係上、岡山市街地よりも、あまり遠いところは不可のため優先順位は『立地』です。(岡山駅より車で30分以内)
立地は大安寺周辺(周囲各1駅範囲程度)がベストです。
土地や建坪に関しては、立地次第で臨機応変に考えています。

装飾等はできるだけシンプルで構いませんが『キッチン』だけは広く・ステンレスでの造りを考えています。
各個室に関して狭くとも大丈夫です。(プライベートが守られる空間があればそれでOK)
ただし、防音はしっかりとしたものが良いです。(隣接する部屋のテレビ音が聞こえる等はNG)

いろいろ比較して決めたいです。
アドバイス、大まかな見積もりをお願いします。

まだどこの工務店にするかも決まっていません。

間取り
平屋。
LDK広めがいいです。
子供部屋は2つ欲しいです。
旦那さんの趣味部屋が1部屋。
寝室1部屋。

とりあえず、費用がいくらかかるのか相場が知りたいです。

2世帯住宅を検討しています。

間取り
■玄関が別の2世帯住宅にしたい。
■吹き抜けがほしい。
■太陽光と床暖房をつけたい。

間取りと見積もりがほしいです。

ローコスト住宅というのを最近聞き、今の賃貸に払っている家賃より少なく月々支払えると知りました。

出来るだけ費用を抑えたいです。

平屋か二階建てでガレージがあり1000万円台というのはできるのでしょうか。

条件に合うところがあれば、見積もりが欲しいです。

家を建てる際に、オール電化か否かで金額がどのくらい変わるか知りたいです。
太陽光発電も検討したいと思っています。
間取りは、とにかく家事の動線が楽な間取りにしたいです。
その他に土間がほしいと考えています。
これらの間取りプランをお願いします。
・リビング階段
・対面キッチン
・家事動線がよい
・玄関からお風呂と洗面所が近い、
・キッチンからお風呂洗面所が近い
・パントリーがある
・シューズクローゼットが広い、
・断熱がしっかりしている
・汚れにくいシーリング外壁、
・子供部屋は将来間仕切りをつけたい
・太陽光発電をつけたい

○○○駅から徒歩圏内を探しています。

関連:ライフルホームズでサクッとカタログ集め!

関連:タウンライフで間取りプランを手に入れる!


家たてる

なるほど。そういう事だったら安心して利用できそうだね。
ちなみに僕はどっちを利用した方がいいのかな?

ナビ子

そうですね 注文住宅を検討し始めたばかりの段階でしたらライフルホームズでサクッと住宅カタログを集めるのをおすすめします。

ある程度、『こういった家を建てたい!』という具体的な希望がある場合にはタウンライフの利用をおすすめしますよ。

どちらか一方しか使ってはいけないというルールもないので、両方使ってみるのも全然アリですよ。

ネットでの一括資料請求はこういった方におすすめ

注文住宅を検討中の皆さんにおすすめが出来ますが、特におすすめが出来るのは下記のような方々です。

・仕事等が忙しくて情報集めの時間がなかなか作れない方。

・住宅展示場が近くになかったり、予備知識も無くいきなり行くのが不安な方。

・条件(建設予定地や予算)内で対応可能な住宅メーカーの一覧を知りたい方。

・土地をまだお持ちでない方

一括で各社のカタログ資料が集められるので、何と言っても情報収集の効率が非常に良いです。また注文住宅で分からない点があれば、資料請求をした住宅メーカーに直ぐに聞く事も出来るので便利です。

自分の条件に合った住宅メーカーだけを自動で選定してくれるのも助かります。

例えばローコスト住宅を希望している場合、大手ハウスメーカーでは予算的に建てられない事が多々あります。それを知らずに大手ハウスメーカーの事を調べていても時間のムダになっちゃいます。

建設予定地でも似たような事が起こりえます。自分の希望をする予定地には対応をしていない住宅メーカーの事を調べていたりする場合、それも時間のムダになってしまいます。

一括資料のサービスを使えば、建設予定地や予算等の条件に合った住宅メーカーを選定してくれるのでムダがなくなります。

土地から探す方にも大変おすすめです。

土地探しの段階から協力をしてくれる住宅メーカーを探す事が出来ますし、一緒になって探して貰った方が失敗を減らす事が出来ます。

不動産屋さんは家づくりのプロではないので、土地をの紹介は出来ますが、その土地があなたの建てたい家に合う土地かまでは分かりません。

住宅メーカーは家づくりのプロです。あなたの建てたい家にピッタリ合う土地かどうかの判断もしてくれます

更に不動産屋の土地情報+その住宅メーカー独自の土地情報も持っていたりするので探す幅がより拡がります。

ライフルホームズとタウンライフはどっちが良いの?

ライフルホームズとタウンライフはどちらも素晴らしいサービスだと思いますが、上記でも説明してある通り特徴がやや異なります。

両方利用をしても別に問題はないのですが、一応こういった方はこちら向き。という指標を書いておきます。

ライフルホームズがおすすめの方

・サクッと複数社の住宅カタログだけが欲しい方。

・家づくりに関する具体的な希望・要望まではまだ固まっていない方。

ライフルホームズの公式サイト

タウンライフがおすすめの方

・住宅カタログだけでなく間取りプラン+資金計画書も欲しい方。

・家づくりに関して具体的な条件や希望・要望がある程度固まっている方。

タウンライフの公式サイト


一括資料請求を利用する事で得られる5つのメリット

・全国数百社の中から自分の条件に合う住宅メーカーが見つかる。

・一括で複数社のカタログを集められるので非常に効率が良い。

・複数社集められるので比較・検討がし易い。

・分からない事があれば直ぐプロに質問ができる。

・土地探しから協力してくれる住宅メーカーも見つけられる。