ママにもパパにも大人気の間取り!子育てがしやすいお家の作り方

子育て世帯が新居に求めるのは『子育てがしやすい間取り』ですよね。

“イクメン"という言葉も出てきたように、最近は男性の育児参加も積極的になってきています。子育てがしやすいお家はママにもパパにも人気が高まってきています。

では、どのような間取りにすれば子育てがしやすくなるのか?

この記事では、子育てママ・パパに人気の間取りや住宅設備・機器のご紹介や、家族の人数に合った快適な広さがどの位なのか?だったり、子育てがしやすい間取りを簡単に手に入れる方法などを記載しています。

親にも子にも、家族みんなが過ごしやすいと感じるお家づくりにきっと役に立ちます。

子育てママ・パパに人気の間取り10選

子育て世帯が実際に設置をして良かった!と思えた間取りを10個ご紹介します。

子育てがしやすいお家づくりの参考にしてみては如何ですか。

・部屋中を見渡す事ができるキッチン
・キッチン横のダイニングスペース
・リビングイン階段
・リビングと併設された和室
・親子で使える広さのある浴室や洗面所
・洗濯動線の確保
・子供も使える収納スペース
・玄関に併設された収納スペース
・仕切りのない子供部屋
・子供の遊び場にもなる庭づくり

部屋中を見渡す事ができるキッチン

料理をしながらでも子供の様子をみる事ができる対面キッチンが子育て世帯には人気です。

キッチンからでもリビング全体を見渡す事ができれば、小さい子供がいる家庭でも安心できますね。

また対面キッチンだとキッチンにいながらでも家族とコミュニケーションがとれるというメリットもあります。テレビをみながら調理できるのも良いですね。

キッチン横のダイニングスペース

キッチンすぐ横にダイニングスペースを設けるのは家事動線もよくなるのでおすすめです。

小さいお子さんがいる場合にも、配膳・後片付けの時に子どもから目を離さずに行う事が出来ます。

「あっ、醤油わすれた」と思った時もキッチンまでの移動距離が短いので面倒に感じる事を減らせます。

リビングイン階段

家族が顔を合わせる機会が多くなるのでリビングイン階段も人気の間取りです。

外出する時もリビングを通らないといけない為、お子さんがこっそり夜遊びに出かけるなんて事も防げます。

ただリビングイン階段はデメリットとしてリビングが寒くなりやすい。という事があります。

吹き抜けタイプでないリビングイン階段の場合は扉をつける事で寒さを緩和できます。

高気密・高断熱の家でしたらそもそもあまり気になりません。

リビングに併設された和室

リビング横の和室は何かと便利に使えるので子育て世帯で大活躍します。

子どもの遊び場としても使えます。畳はフローリングと比べると吸音性が高いので足音が響きにくく、クッション性もあるので転んだ場合でも怪我をしにくいです。

また寝るスペースとしても有効です。

ベビーベッドが不要になるのでスペースを有効的に使えます。子供だけでなくママ、パパの仮眠室としても使えます。

親子で使える広さのある浴室や洗面室

親子で使えるように余裕のある広さを確保した浴室や洗面室も人気も間取りの1つです。

子どもが小さく、一人での入浴が心配な時でも広々としたバスルームでしたらゆったりと余裕を持って入浴が出来ます。

洗面室も2人同時に使える位の広さが理想的です。朝の準備のバタバタも緩和できますし、小さいお子さんに歯みがきを教えてあげたり、着替えの練習をさせたりする時にも便利です。

洗濯動線の確保

元気よく遊ぶ子供は大人よりも洗濯物が多くなったりします。スポーツをし出すと更に洗い物が増える事もあるので洗濯動線の確保は大切です。

洗濯物を干す、たたむ、しまうの一連の動作が一か所で出来る洗濯室は便利で家事動線も良くなる人気の間取りです。

子供も使える収納スペース

子どものおもちゃ等でリビングは散らかりがちになります。その為、収納スペースの確保は必須となりますが、子どもの背丈でも届く収納スペースを用意しておくのがおすすめです。

親子で一緒になって片づける事ができる収納スペースを設置する事で、お子さんに片づけを習慣づける事がしやすくなります。

玄関に併設された収納スペース

子どもの遊び道具や三輪車や小さい自転車、ベビーカーなどもしまっておける玄関横の収納スペースがママ、パパに人気の間取りです。

玄関が常に片付いていれば帰宅時も気持ちが良いですし、急な来客があっても安心です。

子どもの道具以外にも傘や雨具、掃除道具や虫よけスプレーや車の洗車用品など、いろいろな小物類もしまっておけるので大変便利です。

扉をつけておけば外からは見えないの玄関を綺麗に片づけるのが楽になります。

成長に合わせて変えられる子ども部屋

子どもがまだ小さいうちは仕切りのないオープンな子供部屋で、思春期になると仕切りでプライベート空間を作ってあげたり

成長に合わせて変えられる作りの子供部屋は使い勝手が良いので人気となっています。

子供の遊び場にもなる庭づくり

一人で外出させて遊びに行かせるが心配な小さなお子様のいる世帯には、子どもが遊べる庭も人気の間取りです。

芝生を敷いてあげれば裸足でも遊ぶ事ができますし、木や花を植えておけばそこへ集まる虫や草花の観察も出来たり、楽しみながら学べる空間にもなります。

家族の人数に合わせた快適な間取り

夫婦+子ども1人の家庭と、子どもが2人以上いる家庭では快適に過ごせるお家の広さが変わってきます。

『誘導居住面積水準』と『最低居住面積水準』と呼ばれる国が指標として示しているデータがありますのでご紹介したいと思います。

国土交通省から出されている住生活基本計画(全国計画)の資料には『誘導居住面積水準』と『最低居住面積水準』の説明は下記の通り記されています。

誘導居住面積水準
世帯人数に応じて、豊かな住生活の実現の前提として多様なライフスタイルに対応するために必要と考えられる住宅の面積に関する水準

住生活基本計画(全国計画)

最低居住面積水準
世帯人数に応じて、健康で文化的な住生活を営む基礎として必要不可欠な住宅の面積に関する水準

住生活基本計画(全国計画)

少し説明が堅苦しく分かり辛いので、簡単に説明をすると

誘導居住面積水準
「この人数で住むなら、この位の広さがあれば快適だよ」という水準

最低居住面積水準
「この人数で住むなら、最低でもこの位の広さがないと窮屈だよ」という水準

各水準の面積を求める計算式は以下の通りです。

誘導居住面積水準最低居住面積水準
一般型
(都市の郊外及び都市部以外の地域)
単身者:55㎡
2人以上の世帯:25㎡×世帯人数+25㎡
都市居住型
(都市の中心及びその周辺地域)
単身者:40㎡
2人以上の世帯:20㎡×世帯人数+15㎡
単身者:25㎡
2人以上の世帯:10㎡×世帯人数+10㎡

各水準の計算式にあてはめた人数別の快適な広さ&最低限確保しておきたい広さの基準値は以下の通りです。

(※上記の式における世帯人数は、3歳未満の子は0.25人、3歳から6歳未満の子は0.5人、6歳以上10歳未満の子は0.75人として計算をする事ができますが、下図では注文住宅で建てる場合には長期で住む事になるので全て1人として計算しています。)

単身者の場合2人家族の場合3人家族の場合4人家族の場合5人家族の場合6人家族の場合
快適
一般型55㎡16.6坪
都市居住型40㎡12.1坪
最低限
共通25㎡7.6坪
快適
一般型75㎡22.7坪
都市居住型55㎡16.6坪
最低
共通30㎡9.1坪
快適
一般型100㎡30.3坪
都市居住型75㎡22.7坪
最低
共通40㎡12.1坪
快適
一般型125㎡37.8坪
都市居住型95㎡28.7坪
最低
共通50㎡15.1坪
快適
一般型150㎡45.4坪
都市居住型115㎡34.8坪
最低
共通60㎡18.2坪
快適
一般型175㎡52.9坪
都市居住型135㎡40.8坪
最低
共通70㎡21.2坪

3人家族でしたら一般型で100㎡、都市居住型で75㎡以上あれば快適な広さで、最低でも40㎡以上の広さは確保したいという事が分かります。

子育てママ・パパに人気の住宅設備・機器

子育てが楽になる。子育てママ・パパにおすすめの住宅設備や機器をご紹介したいと思います。

IHコンロ

IHコンロは火を使わずに料理を行うので、火事そして火傷の心配がありません。子供と一生に料理をする時にも危なくないので安心出来ます。

また凹凸がないので掃除もサッと拭くだけで良いので楽に出来ます。

食器洗浄乾燥機

洗い物の時間を削減ができるので家事が楽になります。また最近の食器洗浄乾燥機は使う水の量も少なく済むので節水の効果もありますし、衛生的にも優れています。

オートバス

浴槽へのお湯張りや追い焚き、温度調整などをボタン1つで操作できるので湯加減を見るなどの手間がかかりません。

追い焚き機能があると入浴時間がズレてもすぐに適温に戻せますので便利です。

浴室暖房乾燥機

天気を気にする事なく洗濯物を干せる事も魅力の1つですが、十分な乾燥を行う事でカビの発生リスクも抑えられます。

健康面を考えた時にも役に立ちます。

カードなどの玄関電子キー

子どもを抱っこしたままでもワンタッチで開け閉めが出来るので玄関電子キーはとても便利です。防犯性にも優れています。

利便性と防犯性を兼ね揃えた玄関電子キーにする方が最近は増えてきています。

電動シャッター

寒い時、暑い時に窓を開け閉めせずに開閉できるので便利な事と、玄関電子キーと同様に防犯性の高さも人気の理由です。

冬の寒さ対策にもなりますのであると大変便利な設備です。

宅配ボックス

いつでも荷物を受け取れるので再配達の依頼の手間や、荷物を受け取る為に在宅しておかないといけない事もありません。

また手が離せない時に配達が来た時にも直接受け取れなくても宅配ボックスに入れておいて貰えるので便利です。

モニター付きインターホン

最近では当たり前についている設備なので書くのを省こうかなと思ったのですが一応…

不要な訪問の場合、顔を合わせずに断る事も出来ますし、誰が訪ねてきたのかモニターで確認ができますので防犯面でも一役かってくれます。

適材適所の内装材

子どもが汚しがちな、子ども部屋やトレイの床や壁には、汚れがつきにくく掃除もしやすい内装材を使用するのがお勧めです。

またハイハイする赤ちゃんのいる家庭では、床材にも注意を払いましょう。

ジョイントマットを敷いてあげたり、無垢材やダニの死がいや花粉などのアレル物質を抑制するアレルバスター配合塗装の床材など、適した環境でハイハイをさせてあげましょう。

家族がよくいるリビングには空気の質を高める調湿機能付きの内装材を使用するのも良いと思います。

子育てがしやすい間取り実例3件

子育て世帯に人気の間取り実例を3件ほどご紹介したいと思います。

家事動線に優れた間取り

キッチンの横に食品などを収納できるパントリーを設置。またキッチンから家事室、ランドリースペース、洗面室、浴室までが一直線になっています。

ランドリースペースに直結したサンルームでは、雨の日でも洗濯物を干す事が出来ます。

無駄な動線がなくスムーズに家事が進められる間取りです。

家事動線の優れた間取りは家事の時短ができますので余った時間を子どもたちとの時間にあてる事ができます。

中庭のある平屋住宅

家中どの部屋からでも中庭が見渡せる作りになっています。中庭を作る事で見通しがよく開放感が得られ、明るい雰囲気も演出できます。

中庭は見通しが良いので子どもの遊びスペースとして利用をしても安心して遊ばせる事が出来そうです。

収納スペースも十分にあるので散らかりがちな子供のおもちゃや道具も綺麗に片づける事ができそうです。

キッチンから見渡せる間取り

子どもの遊び場として使える畳スペースやウッドデッキがキッチン・リビングからでも見渡せる作りになっています。

ダイニングテーブルがキッチンに併設されているので料理の配膳も片づけも楽に行えます。

玄関横の物置きにはベビーカーや三輪車、自転車等もしまえる大きめの収納スペースとなっています。

子育てがしやすい間取りを無料で貰う方法

子育てママ・パパに人気のサービスをご紹介したいと思います。

間取りプラン作成サービス

タウンライフ家づくりがおこなっている間取りプラン作成サービスを利用すれば子育てがしやすい間取りを無料で貰う事ができます。

建てたい地域や予算等の家づくり計画の希望・要望を伝えれば、あなたの条件に合う複数の住宅メーカーから間取りプランが届きます。

実は上記で紹介をした"子育てがしやすい間取り実例3件"は間取りプラン作成サービスを利用したときの提供例です。

その他にも、夫婦円満の間取りだったり子どもの頭がよくなる間取りだったり、一人一人の条件、希望・要望に合わせてプロが作成してくれますのでとても参考になりますよ。

間取りプラン合わせた見積もり書ももらえるので、1番安く建ててもらえる住宅メーカーがどこなのかも探しやすいです。

間取りプラン作成サービスの詳細を載せておきますので気になる方はご覧ください。

ママ&パパに人気の間取りプラン作成サービス

まとめ

子育てママ&パパに人気の子育てがしやすいお家の作り方を紹介してきましたが如何だったでしょうか。

新居への満足度は間取りの良し悪しによって大きく変わってくると言われています。

子どもへの安全面や健康面にも配慮がされつつ、家事動線や収納スペースも考えられた間取りが子育て世帯におすすめの間取りです。

『良い間取りの家は、家族の仲も自然と良くなる』という話もありますので、間取り決めの時には住宅メーカーの方と納得いくまで話し合いを重ねて、慎重にすすめていきましょう。

そうする事で大満足のマイホームを建てる事ができるでしょう。

The following two tabs change content below.
管理人
大学卒業後に不動産会社に就職。5年の経験を積みハウスメーカーへと転職。ハウスメーカー時代に『注文住宅には興味あるけど、分からない事だらけ』というお客様が多かったので、”分からない事”を解消出来るようにこのサイトを作りました。