高気密・高断熱の家は危険!?知っておきたい本当のデメリット

近年、耐震性能と共に気密性、断熱性を気にされる施主さんが増えてきています。

それに伴って住宅メーカー側も気密性や断熱性をアピールする動きが強まってきています。

今後ますます人気を集めるであろう高気密・高断熱のお家ですが、検討をする前に知っておきたいデメリットも存在します。

この記事では高気密・高断熱の家に噂されるマイナスの口コミ(高気密・高断熱の家なのに寒い等)が本当なのかを検証すると共に、実際はどういったデメリットがあるのかを記載していきたいと思います。

また気密性能と断熱性能を測るC値とUA値はどの程度であれば高気密・高断熱のメリットを享受できるのかも説明していきます。

高気密・高断熱の家のデメリットと勘違いされている事

高気密・高断熱でも真冬は寒い?

高気密・高断熱の家であれば一般的な住宅よりも寒くないです。

気密性が高い為、1度室内の空気が温まるとその温まった空気は外に逃げずらいです。また外気が家の中に入ってくる事も少ないです。

断熱性が高い為、冷たい外気の影響を受け難いです。

高気密・高断熱の家=魔法瓶の水筒
一般的な家=普通の水筒

をイメージすると分かりやすいと思います。

高気密・高断熱だと夏とても暑い?

高気密・高断熱の家であれば一般的な住宅よりも暑くないです。

冬で説明した事と同じです。

気密性が高いので冷えた空気が逃げずらいです。そして断熱性が高いので暑い外気の影響を受けずらいです。

シックハウスやアレルギーになる?

高気密・高断熱の家だからなりやすい。という事はありません。

シックハウスやアレルギーの原因は化学物質を揮発しやすい建材を使ったり、換気不足による結露でカビ・ダニが増殖した事で起きる事が多いです。

高気密・高断熱の家であれば換気効率もよくなるので結露も発生し難いです。

24時間換気により空気の循環も正常に行われるので一般の住宅よりも高気密・高断熱の家の方が健康的であると言えます。

結露が発生しやすい?

高気密・高断熱の家だから結露が発生しやすい。という事はありません。

結露は暖かい空気が急激に冷えた時に発生します。

一般的な住宅で採用されている一重ガラスやアルミサッシは熱伝導率が高いので外気の影響を受けやすいです。

真冬キンキンに冷えたガラス面やアルミサッシに室内の暖かい空気がぶつかる事で結露が生じます。

高気密・高断熱の家で使用される事の多い木製サッシや樹脂サッシのトリプルガラスでは外気の影響をあまり受けないので、ガラス面、サッシが室温とあまり温度差が生じません。

その為、結露も生じにくいのです。ただし温度差が少なくても加湿が過剰である場合には結露は発生しますが、換気が十分であればそれも抑える事が可能です。

内部結露には注意

「内部結露」とは壁の内部で起こる結露のことです。

換気システムが十分に働いている場合でも、断熱材を間違った施工方法で入れた場合や壁面や床下の防湿層・通気層の設置が不適切であった場合には内部結露が生じる恐れがあります。

ハウスメーカーや工務店の施工の問題です。

その為、施工実績などを確認して信頼ができる住宅メーカーを選びましょう。

高気密だから息苦しい?

高気密だからといって室内の空気が少ないとかはありません。

24時間換気も義務付けられていますので換気も十分に行われています。

例えば飛行機や新幹線、自動車も高気密ですが乗っている時に息苦しさを感じますか?

それでも、もし息苦しいと感じる時は高気密のせいではなく精神的な問題だと思います。

高気密・高断熱の家の本当のデメリット

コストがかかる

気密性・断熱性を全く追求していない家と比べるとコストはかかります。

どの位コストが必要になるかは気密性能と断熱性能をどこまで追求するかによって変わってきます。

管理人が個人的に思う、高気密・高断熱の家に必要なC値とUA値はC値は1.0以下、UA値はZEH基準をクリアする数値である事。だと思っています。(詳細は後述)

電気代は抑えられる

高気密・高断熱にする為のコストは必要ですが、高気密・高断熱の家は省エネに優れているので電気代を抑える事ができます。

一般的な住宅よりも毎月の電気代が抑えられて、快適な暮らしも手に入れる事ができます。それが数十年続くので最初のコストは大目に見れるかなと思います。

乾燥する

エアコンの稼働時間を短く抑える事が可能な高気密・高断熱の家でも冬場は空気が乾燥しているので、室内も乾燥しがちです。

ただし、これは一般的な住宅でも同じ事です。

乾燥が気になる方は加湿器を設置したり、加湿機能付きのエアコンを設置して対応しましょう。

暖房器具が限られる

石油ストーブや石油ファンヒーター、ガスストーブやガスファンヒーターは高気密・高断熱の家では使用を控えた方が良いです。

これからの暖房器具は継続して使用する事で室内の二酸化炭素濃度を高めます。二酸化炭素濃度が高い部屋にいると頭痛・めまい・吐き気などを催します。

最悪の場合だと命の危険もありますので定期的に窓を開けて直接的な換気が必要になってきます。(一般的な住宅でもやった方が良いです。)

そうするとせっかくの高気密・高断熱も台無しです。石油ストーブやガスファンヒーター等は使わない方が良いです。

デメリットになり得る。高気密・高断熱で注意が必要な事。

最近は気密性能や断熱性能を気にされる施主さんが増えた事で、住宅メーカー側も「高気密・高断熱の家!」とアピールする動きが強まっています。

しかし、ここで注意が必要な事があります。

実は高気密と高断熱には明確な定義が決まっていないのです。

高気密・高断熱には基準が無い

住宅の気密性、断熱性をはかる時に使用するのがC値とUA値ですが、C値が○○以下の場合を高気密とする、UA値が○○以下の場合を高断熱とする。といった定義が決まっていないのです。

なので住宅メーカーが「高気密・高断熱の家ですよ」と謳っていても実際は性能の低い『なんちゃって高気密・高断熱の家』の可能性があるのです。

本当の高気密・高断熱の家と思って住んでいる方の中にも、気付かずに『なんちゃって高気密・高断熱の家』に住んでいる場合もあります。

そのせいで、「うちは高気密・高断熱の家のはずなのに冬寒いなー。」とか「夏暑いなー」と感じ、間違った噂が広がっているのではないかな。と思っています。

C値とUA値とは?

気密性能は「C値」断熱性能は「UA値」で測る事が出来ます。

■C値(相当すき間面積)(c㎡/㎡)
建て物内でどれだけすき間が空いているのかを測る数値です。
C値が低ければ低いほど気密性能が高い事を表しています。

C値は専門の気密測定試験機を使って行います。
C値=家全体の隙間面積(c㎡)÷延床面積(㎡)

■UA値(外皮平均熱貫流率)(W/㎡K)
住宅内部の熱損失の合計を外皮面積で除した数値です。
UA値が低ければ低いほど断熱性能が高い事を表しています。

UA値=熱損失量(W/K)÷外皮面積(㎡)

UA値とC値の説明
図参照:サンエム建設

最終的な数値は現場の技術力に左右される

設計時にとても良い断熱材を使い高断熱仕様にした仕様書を作成したとしても、現場で職人が精度の高い丁寧な施工を行わないと設計図通りの断熱効果は発揮されません。

日本の住宅で最も使われているグラスウールの断熱材は職人の仕事ぶりで断熱性能が特に左右されやすいので注意が必要です。

気密性能についでも同じ事が言えます。

設計はもちろん基礎工事、上棟、断熱工事といった全ての現場で、丁寧な施工が必要です。

職人の技術・仕事ぶりでほんの少し隙間が空いてしまったら気密性能は悪くなってしまいます。

UA値よりも現場の施工精度が顕著に出るのでC値を公表していない住宅メーカーもわりとあります。

ただ施主にとってC値は、家づくりで最も判断のしづらい「現場の施工精度」を数字で判断する事が出来るので、住宅メーカーを比較する時には「これまで建築した住宅の平均C値はどの位ですか?」等、質問をするのが良いでしょう。

もし質問をはぐらかしたりC値をそもそも測っていない場合は、気密性能に自信が無いという事なので、高気密・高断熱の家を希望している方には注意をした方が良い住宅メーカーです。

高気密・高断熱住宅が得意な会社

契約前に条件に入れておこう

住宅メーカーと契約を結ぶ前に「UA値○○以下保証」を条件に入れた上で見積もりを出して貰いましょう。

そうする事で契約後でUA値を巡って追加費用が発生するような事は防ぐ事ができます。

C値に関しては保証をしてくれる住宅メーカーは少ないと思いますので目標とする気密性能を明示させておきましょう。

その目標数値が本当に達成可能なのかは過去の建築実例の実際のC値を尋ねて判断をして下さい。

そして気密測定を建築途中に1回、工事完了後に1回の合計2回行いましょう。

1回目は断熱・気密工事、エアコン・換気扇工事が終わったあたりで行いその時点でのC値を把握し、目標よりも悪ければ隙間箇所を発見し、気密性の向上にむけた施工をして貰うように約束をしておきましょう。

2回目に関しては確認の意味で行います。

改ざん防止の為に測定の際には必ず立会いの元で行って下さい。

こちらもUA値の条件同様に必ず契約の前に行い、その条件込みでの見積もりを貰うようにして下さい。

高気密・高断熱の家のメリット

省エネで光熱費を抑えられる

高気密・高断熱なので冷・暖房の効きが非常によくなります。省エネルギーで効率よく室内を暖めたり、涼しくしたり出来ますので電気代を抑える事ができます。

ヒートショックや熱中症を防ぐ

冬になると度々ヒートショックの話題があがりますが、高気密・高断熱では家の中の温度差は少なくなります。

急激な温度変化が少なくなりますのでヒートショックのリスクを軽減する事が出来ます。

夏の熱中症対策にも効果的です。

また2010年に日本建築学会が発表した調査結果によると断熱性能が高い家に住む人ほど様々な疾病にかかりにくく、風邪の発症率が低下する事も分かっています。

遮音性が高い

気密性が高いので外の騒音が聞こえにくくなります。交通量の多い場所や学校の近くでも室内にいれば静かです。雨や風の音も気になりません。

外からの音もシャットアウトしますが、室内の音が外に漏れるのも防いでくれますので音楽をやられている方にはおすすめです。

正し注意が必要な点もあります。

室内の音も外に漏らさないので反響音が気になる可能性もあります。2階の音が1階に響いたり、隣の部屋の音が響いてきたり。

2階の床には防音・遮音シートを敷いたり、部屋の扉は下に隙間のない物を選んだりすれば対策出来るでしょう。

1年中快適に過ごせる

外気の影響を受けずらく、室温を保ちやすいので夏は涼しく冬は暖かく過ごす事ができます。これが高気密・高断熱の家の1番のメリットだと思います。

高気密・高断熱の家として満足できる基準となる数値は?

高気密・高断熱の明確な基準が定められていないので、住宅メーカー側はH28省エネ基準(断熱等級4)を満たすレベルであれば「高断熱住宅」と謳っているケースが多いです。

H28省エネ基準(断熱等級4)のUA値がどの程度かは下図をご覧ください。

地域区分12345678
省エネ基準
(断熱等級4)
0.46以下0.46以下0.56以下0.75以下0.87以下0.87以下0.87以下
地域区分表

ハッキリ言ってこの数値では高断熱住宅のメリットを享受するのに十分な数値であるとは言えません。

C値にいたっては省エネ基準に基準値すら無いので、そこまで高気密で無い住宅の場合でも高気密と謳っているケースもあると思います。

では、高気密・高断熱のメリットを享受できる数値はC値、UA値でどの程度であれば良いのか管理人個人の考えを書いておきたいと思います。

C値は1.0未満。出来れば0.7以下。

C値は換気システムにも影響をしてくるので1.0未満。経年劣化する可能性も高いので新築時は出来れば0.7以下の数値を確保しておきたいところです。

穴が空いたストローでは上手に吸う事が出来ないのと同じで、気密性が悪いと換気も効率よく行う事が出来ません。

また気密性能が低いと、高断熱にしたところで隙間から外気が入ってくる、室内の空気が逃げていくのでメリットをあまり享受できなくなります。

その為、高気密・高断熱の家を希望されている方は最低でもC値は1.0未満。出来れば0.7以下を確保しましょう。

UA値はZEH基準をクリアできる数値

ZEH基準となるUA値は下図の通りです。

地域区分12345678
ZEH基準0.4以下0.4以下0.5以下0.6以下0.6以下0.6以下0.6以下
地域区分表

ZEH基準をクリアできる数値であれば高気密・高断熱の家のメリットを享受できると思います。

東京や大阪などが該当する「6地域」ではUA値は0.6以下を目指したい所です。

数値が低ければ低いほど断熱性能は高いという事なので更に下の数値を目指すのもOKですが、性能を追求するとコストも増えていきますので予算と相談しながら着地点を決めましょう。

まとめ

高気密・高断熱の家の勘違いされやすいデメリットと本当のデメリット、そして高気密・高断熱の家を建てる時に注意しておきたい事や満足できるC値、UA値などを記載してきましたが如何だったでしょうか。

高気密・高断熱の家を希望されている方は、高気密・高断熱には明確な基準が定められていない。という事を知っておかないと後悔する原因になりかねません。

営業のセールストークで「うちの家は○○という優れた断熱材を使っているのでとても暖かいですよ!」等々の言葉だけを信用するのではなく、C値やUA値の数字で本当に高気密・高断熱なのかを判断しましょう。

高気密・高断熱の家おすすめの住宅メーカー

上記でも説明をしていますが、断熱性能も気密性能も現場の技術力に影響を受けます。

良い断熱材を使う。断熱材を厚くする。熱伝導率の低いものを使う。窓の数を減らす。サイズを小さくする等、断熱性能を上げる工夫をしても丁寧な施工が行われないと断熱性能は下がります。

高気密・高断熱を目指している方は住宅メーカーに建築実例のUA値やC値を必ず聞くようにしましょう。

答えをはぐらかしたり、そもそも計測をしていなかったりする住宅メーカーは自信が無い。得意では無い。という事なので避けた方が無難です。

過去の数値も良く、施工実績も豊富な住宅メーカーを選んだ方が失敗は少ないです。

住宅カタログでC値やUA値を確認

UA値、C値をHPに記載していない会社も多くありますので住宅カタログで確認をするのがおすすめです。

住宅カタログには気密・断熱性能以外にも耐震性能や耐火性能etc…住宅性能に関する事が詳細に書かれているので他社と比較・検討をするのにもってこいの資料です。

注文住宅を検討中の方は各社のカタログを集めるところから始めてみては如何でしょうか。

カタログ請求で得られるメリット

・全国数百社の中から自分の条件や希望に1番合う住宅メーカーを見つけられる。
・一括で複数社のカタログを集める事が出来るので効率が良い。
・複数社から集めるので比較・検討がし易い。
・家づくりに関する疑問点など、分からない事があれば直ぐに専門家に質問ができる環境が整う。
・ネット未公開の土地情報や自社で持っている土地情報の開示もして貰えるので条件に合う土地を見つけやすい。

高気密・高断熱住宅の得意な会社タウンライフから探す場合はコチラ

タウンライフには全国600社以上の住宅メーカーが登録しているので大手ハウスメーカーは勿論の事、中・小ハウスメーカーや工務店も探せます。
高気密・高断熱の家を希望の方は備考欄に「高気密・高断熱住宅を希望」と入れておきましょう。