住宅情報館ブログのまとめ。1番良い住宅メーカーが見つかる!

住宅情報館で建てられた方のブログを7サイト紹介したいと思います。

住宅情報館に選ばれた理由や、どういった打ち合わせを行っているのか?採用した住宅設備や間取りなどもブログ内で確認をする事ができます。

そして着工後お家が完成するまでの工程も画像つきでアップしてくれているので流れも目で追う事が出来ますよ。

住宅ローンに関する事や、土地代や本体工事費用や付帯工事費用など、お金がどれ位かかったのかをリアルな金額付きで開示してくれているブログもあります。

実体験をされた方の声が聞けるブログは家づくりに大切な情報が沢山詰まっているのでとても参考になりますよ。

住宅情報館のブログの紹介と同時に、自分に1番合った住宅メーカーの見つけ方も紹介したいと思いますので、検討中の方は参考にしてみて下さい。

同じ住宅メーカーであっても人によって感じ方は変わってきますので、自分の条件や希望に合う会社を見つける事が重要になってきます。

ベストマッチする住宅メーカーを見つける事で最高の家づくりがスタート出来、来年の今頃には思い描く理想のライフスタイルを送れている事だと思います。


家たてる

住宅情報館は僕も気になっていたからチェックしてみよっと。

ナビ子

実体験を知る事が出来るブログは家づくりの参考にとてもなりますよ♪


住宅情報館で建てた方のブログ7選

①.sankiue  家を建てる(住宅情報館♪QUAD V)、マイホームを建てます、注文住宅です。

住宅情報館で建てた方のブログ(sankiue  家を建てる(住宅情報館♪QUAD V)、マイホームを建てます、注文住宅です。)のTOPページ
ブログURL:https://myhome280280.amebaownd.com/

旦那さんと二人暮らしのお嫁さんがブログ主です。元々住まわれていた賃貸の物件の老朽化で色々な箇所にガタが…年齢的な事も考え家づくりを意識し始めています。

土地と住宅メーカーを探す所からスタートしています。

新聞に挟まっていた広告に目がとまり住宅情報館と富士住建を訪れる事に。土地の事も相談をしながら話を進めます。

住宅情報館の担当から紹介された土地を気に入り購入。建築条件付きだった為、住宅情報館と契約も結ばれています。

始めは富士住建で建てようかな。と考えていたようですが、土地と建物本体価格で考えた時に住宅情報館で進めた方がメリットが大きいと判断をし決められています。

契約後は間取りに関する打ち合わせや、インテリアに関する打ち合わせ、ショールームに出かけられた時の様子等がブログに書かれています。

諸々家の使用も纏まり着工へ。約4ヶ月後位でしょうか。引き渡しが完了しています。

引き渡し後には採用した住宅設備の感想や後悔を感じたポイント等について書かれています。また水回りや玄関やコンセント・スイッチなどを決める時に注意しておきたい事なども記事にされています。

②.まさおくんのマイホーム365日の軌跡

住宅情報館で建てた方のブログ(まさおくんのマイホーム365日の軌跡)のTOPページ
ブログURL:https://ameblo.jp/bukubuku-0412/

お嫁さんと中学性の娘さんとワンちゃんの3人+1匹暮らしの旦那さんがブログ主です。元々は日常を綴るブログでしたが、2016年の8月より家づくりに関する記事が書かれはじめています。

元々は賃貸マンションに住まれていたようですが、子供成長に合わせ手狭に感じだした事や家賃を払い続ける事への疑問などから家づくりを意識し始めています。

当初は建売で検討をされていて、築10年の中古住宅の購入の話しを進めます。だが、この家が建築基準法に抵触しておりローンが通らないと言う事が分かり諦める事に。

家づくりを再スタートし、近所だという理由から住宅情報館を訪れています。営業から話を聞いている内に注文住宅で建てるという事に気持ちが変わっていきます。

土地探しから始める事になるのですが、土地は住宅情報館の営業からの紹介で理想の土地を見つけています。その土地を購入、そしてそのまま住宅情報館と契約も結ばれています。

契約後には設計士との打ち合わせの様子が書かれています。ガーデンルームや広めの玄関、リビング階段やパントリー、シューズインクロークなどブログ主さんが欲しい間取りが出来上がっていく過程も見る事が出来ます。

途中、マイホームを諦める危機が訪れますが悪戦苦闘しながらなんとか着工に進みます。工事の様子も詳細にブログにアップされています。

着工約4ヶ月後、引き渡しが完了しています。それからWEB内覧会等も行っています。入居後には失敗してしまった箇所や外構に関する記事も書かれており、読みごたえ抜群なブログとなっています。

③.3,000万で家を建てようと思う。

住宅情報館で建てた方のブログ(3,000万で家を建てようと思う。)のTOPページ
ブログURL:https://ameblo.jp/newhousemaiking2019/

旦那さんと3歳の息子さんのママさんがブログ主です。元々は賃貸の集合住宅に住まれていたようですが騒音問題に悩まされ、家づくりを意識し始めています。

そんな中、ショッピングモールでイベントをやっていた住宅情報館と出会います。中古物件や建売住宅を住宅情報館の営業と一緒に見て回りますが話を聞いている内に気持ちは注文住宅に傾きます。

そこから土地探しを始められています。購入を決められた土地は営業から紹介を受けた土地で、その土地はブログ主さんも元々気になっていた土地でした。

土地の購入を決め、そのまま住宅情報館と契約も結ばれています。契約後には家の仕様や間取りを詰めて行く打ち合わせの様子が書かれています。

仕様も纏まり着工開始。工事の様子も詳細にブログ内で見る事が出来ます。その間に行っている外構の打ち合わせに関する記事も書かれています。

こちらのブログは現在(2020年5月26日)上棟32日目に入ったようです。今後の更新が気になるブログの1つです。

④.マイホーム まったりDINKSの日常

住宅情報館で建てた方のブログ(マイホーム まったりDINKSの日常)のTOPページ
ブログURL:https://ameblo.jp/ssjon/

旦那さんと二人暮らしのお嫁さんがブログ主です。元々は賃貸マンションに住まわれていますが、音楽好きの旦那用の防音性を確保した部屋が欲しい事と、子供が出来た時の事も考え一戸建てに住みたいと思い始めています。

近所に出来た新築マンションのモデルルームに出かけた時に住宅情報館と出会っています。そこから住宅情報館の営業と一緒に土地探しが始まります。

その後、営業から紹介を受けた建築条件付きの土地を購入されています。そのまま住宅情報館と契約も結ばれています。

ブログ主さんはQUAD Vを建てられているのですが、QUAD Vの本体工事価格表や標準仕様書などもブログ内で開示されています。また標準装備の特徴なども書かれています。

そこからは間取りやキッチン、照明や壁紙など家の仕様を決めていく打ち合わせの様子が書かれています。また外構工事のプランなども見る事が出来ます。

仕様も纏まり着工。約4ヶ月後位でしょうか?引き渡しも完了しています。外構も同時進行に行っていたので同じタイミングで完成しています。

引き渡し後には入居前・入居後のWEB内覧会も行っています。また住んでみてから感じた事や残念なポイントなども纏められています。

⑤.神奈川に注文住宅しよう。住宅情報館!

住宅情報館で建てた方のブログ(神奈川に注文住宅しよう。住宅情報館!)のTOPページ
ブログURL:https://ameblo.jp/koeda-mori/

お嫁さんと二人のお子さんを持つパパさんがブログ主です。家づくりのきっかけは職場の引っ越しが決まり通勤時間が5分になる!と喜んでいた矢先に本社への出向。

通勤時間は50~60分に伸び長男を保育園へ送り届けるのも難しくなった事でマイホーム計画を開始しています。

建売を探していた時に素敵な間取りを発見。その物件と取り扱っているのが住宅情報館でした。元々建売で検討されていたのですが、話を聞いていく内に注文住宅に心を決められています。

レオハウスか住宅情報館で迷われますが、仲介金0円・地盤改良費0円の住宅情報館の管理する土地で条件に合う場所を見つけ、そのまま購入&契約を結ばれています。

そこからはローンの話しや、間取りに関する話などがブログに纏められています。図面図も開示されていますので間取り作成の参考にもなります。

仕様も纏まり地鎮祭を経て着工へ。と同時に外構に関する話も進められており、外構に関する記事やオプションにかかった費用なども公開されています。

着工後の工事の様子も詳細に記事にされています。約4ヶ月後に引き渡し完了。その後WEB内覧会も行われています。

入居後には住んだ感想や良い点、後悔ポイントなども書かれています。

⑥.QUADで家を建てるまで日記_注文住宅

住宅情報館で建てた方のブログ(神奈川に注文住宅しよう。住宅情報館!)のTOPページ
ブログURL:https://ameblo.jp/misyappp/

旦那さんと猫4匹と暮らしお嫁さんがブログ主です。元々はマンションに住まわれていたみたいですが、築年数も経っており老朽化の為にガタが、賃貸への引っ越しを考えてもなかなかペット多頭Okもなかなか無く。

そういった経緯から家づくりを意識し始めています。土地と住宅メーカーを探し所からスタートします。

オープンハウスと住宅情報館の展示場へ出かけますがオープンハウスの対応があまり良く無く打ち合わせをする事なく住宅情報館へ。

元々建売を検討されていたようですが、住宅情報館で建売と注文住宅それぞれもメリット・デメリットを聞き注文住宅を建てる事を決められています。

土地は住宅情報館の営業といろいろと見て回り、その最中に理想の土地を見つけ購入を決めています。住宅メーカーもそのまま住宅情報館と契約を結ばれています。

その後、設計士との間取りの打ち合わせの様子などが書かれています。また付けたいオプションの一覧やそれにかかる費用なども書かれています。

現在(2020年5月26日)は設計士との打ち合わせ7回目が終わった所です。ブログ主さんはQUADを建てる予定で2020年の12月中旬に引き渡し予定です。

今後の更新が楽しみなブログの1つです。

⑦.のでもにっ! 住宅情報館のQUADで家を建てる

住宅情報館で建てた方のブログ(のでもにっ! 住宅情報館のQUADで家を建てる)のTOPページ
ブログURL:http://otaquad.blog.jp/

お嫁さんと6歳の息子さんを持つパパさんがブログ主です。家と住宅メーカーを探す所からスタートしています。

住宅展示場へ赴きヘーベルハウス、アキュラホーム、積水ハウス等でお話を伺います。

へーベルハウスは値段の折り合いがつかず、アキュラホームは担当との相性が合わず、積水ハウスは職場が変わってしまった事で狙っていた分譲地から距離が遠のいてしまい断念。

と同時にネットで資料請求も行っており、その時に1番初めに声をかけてきたのが住宅情報館です。住宅情報館に赴き打ち合わせ、そして営業と一緒に土地を見て回ります。

そこで条件に合う土地を見つける事が出来、購入を決定。住宅メーカーもそのまま住宅情報館に決めています。

契約後には設計士との打ち合わせの様子や間取りを決めて行く為の流れなどもブログで確認をする事が出来ます。

屋根や外壁、玄関扉etc..の外装や床材、壁紙、照明etc..の内装の打ち合わせの様子も書かれています。

ブログ主さんはQUADを建てられているのですが標準仕様からグレードアップした箇所、追加・変更したオプション等も纏められています。

仕様もある程度まとまり地鎮祭を経て着工へ。工事の様子もブログにアップされています。約3ヶ月後に引き渡し完了。その後WEB内覧会を行っています。


家たてる

実際に建てた方のブログはとっても参考になるなー。

ナビ子

続いて住宅情報館の特徴や会社概要など見て行きたいと思います。


住宅情報館の概要

住宅情報館

建設業・分譲住宅販売業・不動産仲介業を営む城南建設株式会社が2015年に商号を変更し今の住宅情報館となっています。

住宅情報館の家づくりは強靭で柔軟な性質を持つ国産檜の木材を使う事にこだわっています。

家の主要な柱である通し柱と1階出隅柱には無垢の檜4.5寸(13.5㎝)柱を使用。さらに、柱からの荷重を受ける「土台」、外壁や間仕切り壁を形成する「管柱」にも、檜を効果的に用いています。

また自社開発の高倍率耐力壁「スーパーパネル」の使用により耐久性、耐衝撃性、安定性に優れた木の家を造り上げています。

断熱性能も高く、壁・天井には高性能グラスウール、床にはポリスチレンフォームを使用、窓は全てアルミ樹脂複合サッシ+Low-Eペアガラスを採用しています。

断熱・気密性の高さにより光熱費を抑える事が出来るので省エネルギー性に優れています。

実際に省エネルギー性に優れた住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2019」において、7年連続で「優秀賞」を受賞しています。

住宅情報館はローコストでありながら高クオリティな家づくりが出来るコスパの良い住宅メーカーとして人気を集めています。

会社概要
会社名住宅情報館株式会社
本社所在地神奈川県相模原市中央区富士見2丁目8番8号
会社設立日1993年(平成5年)10月13日
資本金1億円
従業員数単体1,007名(2019年3月現在)
売上高連結579億円(2018年3月期)
対応可能工法木造軸組
取り扱い商品QUADシリーズ/Chelino/檜物語/HIRA-IE/LUCIDA/ECOCERA/SMART J/MIRAIE IoT/ZEH住宅/二世帯住宅/3階建て住宅
坪単価の目安40万円~60万円
施工実績2100棟(2018年)
施工エリア東北/関東/東海/関西
アフター保証構造躯体及び防水については10年間、白蟻については5年間。最長60年間の延長保証可。

ナビ子

続いて紹介する事が1番大事なポイントになります。

家たてる

OK-!確認してみるよ。


住宅情報館はおすすめか?ブログから分かる実態

住宅情報館で建てられた方のブログを拝見させてもらいましたが、「住宅情報館で建てて良かった!」と満足をしている方もいれば、反対に「他の住宅メーカーにすれば良かった…」と後悔をしている方もいます。

注文住宅で不満を抱えるポイントの多くは、担当者への不満だったり、施工ミスへの不満、金額面への不満、デザイン面での不満、アフターサービスへの不満が多いです。

住宅情報館の場合は担当者への不満と、施工ミスへの不満が見られました。金額面やデザイン面、アフターサービス面への不満はあまり見られませんでした。

ただし、これらの不満は住宅情報館に限った話ではありません。

例え人気の高い住宅メーカーであっても、口コミが良いとされている住宅メーカーであっても実際に建てられた方のブログを読むと不満や後悔を書いている方はいます。

ではなぜ、同じ住宅メーカーでも満足する方もいれば不満に感じる方もいるのかと言えば、一人一人優先する事や理想や条件が全く異なるからです。

費用を抑える事を優先させるのか?それとも住宅性能?もしくは立地だったり周辺の環境だったり間取りだったり。

また建てる地域や予算や家の大きさも人により異なります。

同じ住宅メーカーでも支店が変われば特色が変わってきます。担当者が違えば対応も変わってきます。

注文住宅では一人一人の条件が全く異なる為、一概にここの住宅メーカーがおすすめ!だとか、おすすめが出来ない!だとかを断言するのが難しいのです。

上記で紹介をさせて頂いたブログ主さんもブログ内で以下のような事を言われています。

いろいろ、意見は分かれるところです。
個人の主観と、ほしいものの優先順位、
それによってほしい家は人それぞれ。

まさおくんのマイホーム365日の軌跡

私も全くの同意見です。住宅情報館が合う方もいれば、合わない方もいます。

大切な事は自分で情報を集め、自分の目で見て判断をし、そして自分の条件や希望に1番合った住宅メーカーを見つける事です。

その結果、住宅情報館が良い!となれば、この記事で紹介をしているようなブログを見てお勉強するのが良いと思います。

まずは自分に合った住宅メーカー探しです。

最初に行う情報収集はカタログ集めがおすすめです。家にいながら簡単に複数社から集められるのがメリットです。

住宅展示場へ足を運ぶのはカタログ等で予習をしてからでも遅くありません。NO知識で行った場合、冷静な判断が出来かねますし営業トークに乗せられ実際よりも過剰に良く思えたりもします。

またアンケートと称して住所や電話番号を書かされます。展示場に行った後に営業からの激しい営業電話やアポ無しの自宅訪問で困っている方も多くいます。

ネットのカタログ請求だと誰とも会う必要はないですし、備考欄に「連絡は電話ではなくメールでお願いします。」と電話NGの旨を記載しておけば過剰な営業電話はありません。

住宅展示場だと3社程度を回るだけで1日中かかったりもします。その為、事前に候補を絞ってから、見ておきたいところや体験してみたい事、確認したいポイントを決めてから行った方が効率的です。

ブログ内でも以下の事が言われています。

何も知らずに展示場に行くと、右往左往して何が何だか分からなくなります。なので家づくり始める前に今はネットで無料一括見積もりが出せるので利用してみましょう。住宅展示場に行く労力と時間をカットできます

閑話休題

自分に合った住宅メーカーの探し方ですが、始めは出来るだけ多くの候補を挙げてその中から絞り込んでいった方が良いです。理想は6社以上からカタログを集めましょう。

6社以上から集めた方が良い理由は、始めから候補を絞り過ぎると自分にピッタリの住宅メーカーを初めから除外してしまっている可能性が高くなる。という単純な理由もありますが

複数社で比較をしないと提示をされた金額が高いのか?それとも安いのか?の判断が難しいです。

始めは6社以上、そしてその中から絞り込み3,4社位に相見積もり(複数社に同じ条件で見積もりを出して貰う事)をする事で始めて適正価格が見えてきます。

お家の購入はとても高額な為、同じ条件であっても1番高い会社と安い会社で400万円、500万円ほどの差が出る事もザラにあります。

相見積もりを行わないだけで数百万円の損をする事もありますので必ず行いましょう。

では自分に合った住宅メーカーを探す上で具体的にどう言った点に注意しながら探せば良いのかを記載しておきたいと思います。

住宅メーカーを選ぶ時にチェックしておきたい6つのポイント

①.経営状態をチェック

倒産リスクを考えましょう。

過去の実績(売上高や着工件数、販売戸数)や従業員数の推移などを見るのも有効です。決算書である財務諸表で確認できる方はそちらの方が具体的に分かると思います。

大きめのハウスメーカーさんよりも地域密着型の工務店に依頼を出そうと迷っている方は倒産リスクは重要なポイントになります。

②.デザイン性をチェック

住宅メーカー毎にデザインの特徴が異なります。シンプルモダンが得意な会社。輸入住宅で見られるような海外のお家風なデザインが得意な会社。

和風にしたいのか洋風なのかシンプルモダンなのか?デザインセンスが自分のセンスと合うのはどこのメーカーなのか?

外観だけでなく内装や外構のデザインセンスも確認しておきましょう。住宅カタログや総合カタログを取り寄せて建築実例を見るのがおすすめです。

③.使われる素材をチェック

アレルギーを起こしやすい体質の方や、まだ小さいお子さんのいるご家庭は特に重要です。

壁や床などもそうですが、壁紙に使う接着剤や床などに使われる塗料も忘れずに確認しておきましょう。こちらもカタログ等で確認を行いましょう。

④.標準仕様をチェック

標準の仕様はハウスメーカーによって変わってきますのでどこまでが標準仕様なのか確認しましょう。

同時にオプション内容の確認も行い、設置したり搭載する場合には追加で幾ら必要なのか金額も把握しておきましょう。

⑤.保証制度やアフターメンテナンスをチェック

状態よく長く住む為には建てた後のメンテナンスが重要になってきます。

保証内容はハウスメーカー毎に異なりますので期間や内容、保証の対象外となるのはどのような場合なのか等、細かく確認を取りましょう。

⑥.担当者をチェック

家が完成するまでに何度となく担当者と打ち合わせを行いますので、自分と気の合う方が当然良いです。

世間話や何気ない会話でも良いのでコミュニケーションをとる事で担当者の人柄が見え、自分と合う・合わないが自然と分かってきます。

と同時に知識量と対応力も確認しましょう。

疑問に思っている事は何でも聞きましょう。的確な答えがスピーディーに返ってくるか?分かりやすい言葉で説明をしてくれるかを確認しましょう。

数社で迷っている時は全社の営業マンに同じ質問をしてみるのも良いでしょう。そうする事で違いがより明確にみえてきます。

またこちらの希望や要望が通らない時もあります。

そんな時にただ「出来ない」と答えるだけでなくどういった理由で出来ないのかと納得できる説明をしてくれるか?そして、それに変わる代替え案を出してくれるかも確認をしましょう。

積極的にコミュニケーションをとる事で誠実に向き合ってくれるか。信頼できる人なのか?も見えてきます。

まとめ

住宅情報館で建てられた方のブログと、本当に良い(=自分に合った)住宅メーカーの見つけ方を紹介してきましたが如何だったでしょうか。

家づくりは多くの人にとって一生に一度の経験だと思います。

分からない点も多くあると思いますが、気兼ねする事なく住宅メーカーに質問をしましょう。担当者のチェックと同時に正しい知識も得られるので一石二鳥です。

そして焦らずに時間的な余裕をもって計画を進めましょう。

家を建てる具体的な月日が決まっていなくても住宅カタログなどで事前に情報を集めておけば、家づくりを始める時にスムーズに事を進められますよ。

家族にとって居心地の良い、そして理想のライフスタイルが過ごせるように、納得するまで話し合って楽しみながら家づくりを進めていきましょう。

カタログ集めにおすすめのサービス

【サクッと気軽に住宅カタログだけ欲しい方はコチラ】
まずは各社の情報収集!ライフルホームズでしたらどこよりも簡単・手軽に住宅カタログを取り寄せる事ができます。家づくりを検討し始めの方に特におすすめです。
ライフルホームズの詳細を見る

【ある程度の希望・要望が纏まっている方はコチラ】
家づくりのプロが希望・要望に合わせて間取りを作成してくれるタウンライフの家づくり計画がおすすめです。
住宅カタログのみならず間取りプランと資金計画書まで貰えます。
タウンライフの詳細を見る

住宅情報館と坪単価が近い住宅メーカーのブログ